So-net無料ブログ作成

ちょっと停滞中… [1/43 ベンツ・アクトロス]

このところ心身の状態がよろしくなくてちょっと停滞中…。

引き続き電飾まわりをあれこれしてるんですが、やはり電源の確保に課題がありまして、それも今ひとつ進捗が滞っている原因デス。

各所の黄色回転灯はCR2032ひとつでまかなえそうなのは確かめたものの、パトライトの赤色回転灯は回転速度を変えたいので別回路、さらにパトライト部内側の点滅灯は回転灯と同回路にすると立ち上がりで電圧が不安定になりおかしなことになることが判明したのでこれも別回路。
ヘッドライト周りは白色LEDということもあり、これも回路を分けないとまともに光りません。かつまだ実装していませんがサイドマーカーやテールランプで計12LEDを点灯させるにはさらに別で電源を確保した方が良さそうです。
となるともう、電池が収まるスペースが…となるわけで。
CR2032にこだわらずLR44とか使えばいいのかもしれませんが、LR44だと3V確保するには2つ必要になるわけで、そうなると容積的なメリットは大してありません。もっと小さいボタン電池ももろもろありますが、今度は容量的な不安が出てくるのであまり現実的ではなく…。
ここは割り切って全部外部電源にしてしまったほうがいいのでは?とか。
多少の見栄えを犠牲にすれば内蔵でもいけなくはなさそうなんですが、電源の数が増えるということはすなわちスイッチもその分増やさざるを得ず、それをまたどこに取り付けたものかと悩むわけです。
そんなこんなで、各部の工作自体はそんなに難しくはないのですがちょっと方針が定まらず、というワケ。

一方で、まだまだ作らなきゃいけないパーツもありまして。
めんどくさいので後回しにしてたものの、電飾を進める段になって当然必要になるので作成に着手したのがこちら。
20151124_actros1.jpg
屋根についてるサーチライトです。
キャブ上に2つと、トレーラーにも同じものが1つついてますので計3つ。

このサイズになってくるとへっぽこな工作技術では精度もなにもあったもんじゃありませんが、かといって資料写真をみると作り込みたくもなり。
例によってディティールの差し引きに悩みつつどうにかこうにかそれっぽく。
20151124_actros2.jpg
LEDを仕込めるように穴を貫通させ、リフレクタっぽいモールドを彫り込みます。
サフ吹いたらたぶん愕然とするんだろうなと思いながら、まぁこんなもんですかね。

キャブに載せてみました。
20151124_actros3.jpg
いちおうサイズ感は合わせてあるんで、雰囲気としては悪くない?

ちなみに実車はこちらです。
20151124_actros4.jpg
む〜。
あとはハンドル状のパーツと前面のクリアパーツを付けて、というところですが、光ればごまかせるでしょう。

せっかくの3連休でしたが、工作的な進捗はこれだけです…。
ではまた次回。

自作デカール!とか [1/43 ベンツ・アクトロス]

相変わらず、思いついたトコや気が向いたトコに手を着けてるので、工程がめちゃくちゃです。

今日はデカールを作りました。
20151107_actros1.jpg
グースネック上の謎の箱の側面にでかでかと書いてあるあの「特2」マーキングです。
こればっかりはアリモノの流用はできないので、作るしかなく。各地で撮影した実車の写真から正面に近いものを素材にレタッチして、クリアの「ミラクルデカール」にインクジェット印刷しています。
手持ちのプリンタがもう寿命というか、たぶんヘッドがおかしくなってるんだと思いますが、インクを替えても替えても刷る度に一部の色が発色しないという症状で、白黒のものはまだなんとかなるものの一緒に印刷したナンバープレートの素材はやっぱりどうもうまく色が出ず…。
とりあえず今日の目的は「特2」のほうなんで、何枚か予備も含めて出力してみてどうにかうまくいきました。
と思ったら解像度の設定をミスっててサイズ間違えて刷り直したりしてるんですけどね。

自作デカールは何度かやったことあるんですが、いつもインクの溶け出しが怖くて上掛けのクリアをこれでもかと厚塗りした結果あまりうまく貼れないんですけど、今日はクリアを控えめにしてみたら反りもほとんど出ずキレイにできました。
貼ってみたところがこちら。
20151107_actros2.jpg
う〜ん!やっぱり特徴的なマーキングが入ると雰囲気出ますな〜。
どうしてもある程度厚みはあるので、研ぎ出しでまた失敗しかねないけど。
ひとまずいいかんじです。しっかり乾燥させてからクリアコートです。


一方、トラクターの背中の黄色回転灯の電飾ユニットも組み込んでみました。
未だに配線プランが固まってないまま電飾仕込み始めてしまったので、あとでもったいないことになるのは分かりつつワイヤを長めにしてとりあえずテスト。
20151107_actros3.jpg
さすがに8個の回転灯電飾が同時に点灯すると壮観です。惚れ惚れ。
回転灯1つにつきLEDが2つずつ同時点灯するので、8箇所で計16個。
普段のテスト用には普通の単3乾電池を使ってるところ、本番を見据えてCR2032でもテストしてみましたが、意外といけました。さすがに電源容量が不足するだろうと見込んでたので、嬉しい誤算。
スペースがあるようで意外と電池仕込めるまとまった空間がないので、「特2」の箱の中に収めるしかなさそうなんですが、どうにかなりそうな気がしてきました。


さてさて、だらだらちまちまとやってきましたが、あと数日で制作開始からなんと丸1年です!!
「○○までには…」などと妄言を繰り返してきましたが、さすがに1周年記念日までに完成する気はしません(笑)。
でも大枠はできてるんで、ほんともうあとちょっとなんだけどね。
完成を優先するスタンスでがりごり進めます。

ではまた次回。

回転灯電飾の取り付け [1/43 ベンツ・アクトロス]

前回仮組みしてウハウハした回転灯電飾ユニットを取り付けていきます。

配線だらけ。
20151103_actros1.jpg
半田付けに苦労しながらもLEDユニットの中で配線をまとめておいたのでこれで済んでますが、そうしないとさらに大量のワイヤと格闘することになります。

パーツの裏を這わせるようにしながらまとめていきます。
20151103_actros2.jpg
ちゃんと計画的にやれば、フレームパーツの中を通すことも可能ではありますが、細長いパーツにワイヤを通すのが大変なのと、とにかく早く形にしたかったので配線は素直に外出しです。
お見苦しい感じではありますが、黒く塗ってイングラム載せたら気にならないでしょう。

配線をまとめたので4個一気に点灯させられるようになりました。
動画上げてみます。うまくいくかな。

どやぁ!
…ちょっと見えにくいですが。


トレーラー部の回転灯はまだあるのですが、トラクターについてるパトライトも進めます。
まずはこちらを用意。
20151103_actros4.jpg
アオシマの回転灯パーツの、ライト本体を表現したパーツを使います。

穴をあけて削ってシルバーに塗りました。
20151103_actros5.jpg

LEDを仕込んで取り付けてみるとこんなかんじに。
20151103_actros6.jpg
左右内側の点滅灯はこれでOK。

外側の回転灯は毎度の要領でLED6個1ユニットですが、なぜか黄色ではなんとかなった半田付けが、赤LEDでは異様にうまくいかず失敗作を大量生産…。なにが違うのか。
ものすごく苦労しながらどうにか2セット用意できました。
20151103_actros7.jpg
ぴかー。苦労してもうまく光ると報われた気分。

こちらも動画上げてみますね。

どやぁ!
グローブのクリアパーツをまだちゃんと磨いてないんでぱっとしませんが、透明度が上がるともっとそれっぽくなるハズ。

とまぁこんなかんじで電飾を仕込んでますが、どこにどう電源を積んでどう配線をさばくかがまだ見えてません。
意外とスペースあるようでないのと、今回こんだけ大量のLEDを使ってるので、いつものCR2032でどこまでまかなえるのかも試してみないとです。

でもだいぶ完成に近づいてる感じ。遅いけど。
ではまた次回。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。