So-net無料ブログ作成
検索選択

電源問題の解決? [1/43 ベンツ・アクトロス]

引き続き電源の内蔵問題でいろいろ思案中で進んでません。
諦めて外部電源…いややっぱり内蔵…でも…、の繰り返しで。

取り敢えず前に進まねば!ということでプラ材でこんなものを作成しました。
20151206_actros1.jpg
ご覧下さいこの驚くべき工作精度(の低さ)!
お見苦しいデキですが、自作電池ホルダです。

模型の電飾やってる皆さんの中では電池ホルダの自作なんて当たり前なんでしょうが、自分の技量に照らすと、電源としての信頼性と電池交換の容易さみたいなところで、あまり前向きではありませんでした。
が、市販の2032用ホルダではどうしてもサイズが大きくて内蔵できる数に限りがあります。
敢えて2032にはこだわりたいので、そうなるとあとは自作しかないなと覚悟を決めまして。

省スペース構造かつ、作るのが面倒くさすぎないように、と。
20151206_actros2.jpg
あれこれ思案した結果、こんな感じで縦に並べることにしました。
仕切りのプラ板が2重になってるところに、片面ずつ電子部品の足がはまる溝を設けてあり、それを接点とする仕組み。

「特2」のボックスの中に収まる設計です。
20151206_actros3.jpg
市販のホルダではギリギリ3個入るかどうかというスペースに、5個分のスペースを確保することに成功しました。
まだ配線してないんでここからトラブル発生の可能性もありますが、テスト段階ではなんとかなりそうだったので、これで電飾分の電源問題は解決しそうです。

ちなみにデッキアップ用のモーターは、コイン電池ではマトモに動かないので、ハナから外部電源想定。操作スイッチも有線リモコンにするつもりなので、そこは割り切ってます。
ただ電飾の分はやっぱり内蔵したかったので、なんとかなりそうで一安心。

ちょっと足踏みしちゃった分ペース上げていきたいところですが、年末にかけていろいろあるのでまたしばらく滞るかな…。となると、年内完成は絶望的になるわけですが。
工作箇所としてはほんとあと少しなんだけど…。

ではまた次回。
タグ:模型

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。