So-net無料ブログ作成

鉄コレ 富山地方鉄道 新塗装2編成のセットアップ [富山地鉄の模型]

久々に電車です。
レイバーキャリアが完成するまでは封印のつもりでしたが、細部あれこれがどれも中途半端な状態なのでちょっと気晴らしにと。

買ったまま積んでた、鉄道コレクション 富山地方鉄道14760形(新塗装)と10030形をセットアップしました。
20160527_tetsucolle1.jpg
大暴走してあれこれ買い漁ったときにオークションで結構お安く新品が買えたものですが、今見たらもっと安価な出物がありました…。まぁそれは気にしても仕方ないですけどね。
塗り分け部分の妙なプリントの段差が気になる以上に、ボディの成形色が黄橙色なもんでプラの透け感がハンパなく、雷鳥色にくらべて格段に安っぽく見えちゃいますが、ちょっと離れてみればそこまで気になるほどでは。


で、デフォルトのN化工作です。走行パーツTT-04Rのウェイトを搭載し、プラ車輪を金属車輪に換装。
20160527_tetsucolle2.jpg

パンタグラフも指定のTOMIX 0238 PG16に換装します。
20160527_tetsucolle3.jpg

併結のために先頭車のカプラーも替えておきたいとこですが、今回は保留して中間連結器のみいじります。使うのはこちら。
20160527_tetsucolle4.jpg
TOMIX 0382 密連型TNカプラー。
近頃当たり前のボディマウント式ではなく台車マウントタイプです。BMタイプのほうがもてはやされておりますが、クリアランスの問題とか色々気を遣うことが多い上になによりお高いので、24個も入ってBM1パック分の半額以下?のお値段は魅力。そもそも14760型の中間連結器は実車ではドローバーらしいですから、ナニを使おうがリアルもなにもあったもんじゃありません。

しかしこの台車マウントタイプのTNカプラーって、あんまり使ってる人がいない気がします。その筋のブログなど拝見してますと、BMTNでなければ台車マウントのKATOカプラーが人気のようで。ジャンパ栓表現が人気の理由なのかな?
KATOカプラー、先日中古で入手した某車両に前オーナーが取り付けていたので初めて触ったんですが、個人的には連結解放がしにくくて正直使いづらいなーという印象…。かつ、大して連結間隔の短縮には貢献しないようですし、なによりTOMIX派の自分としてはちょっと…(^^;

そんなわけで、リーズナブルな台車TNはもっと評価されてもいいのではと思ってますが、換装した結果がこちらです。
20160527_tetsucolle5.jpg
元の半ダミーアーノルドと比べてこの短縮ぶり。いいかんじです。

10030形の方も車輪を入れ替え、パンタは指定のTOMIX 0258 PT4811Nに換装しました。
20160527_tetsucolle6.jpg

で、ナニも考えずにこちらもTN化してみたところ…
20160527_tetsucolle7.jpg
おや?
いくらなんでも連結間隔が狭すぎます。リアルとか以前の問題。

TT-04Rのアーノルドカプラーに替えてみても…
20160527_tetsucolle8.jpg
まだ狭い。

R280でこのとおりギリギリです。
20160527_tetsucolle9.jpg

よくみたらTT-04Rにカプラー延長用のスペーサーが入ってましたので、これを使えばいいってことですかね。あるいはそれこそ伸縮式のBMTNだとこの辺うまいこといくのでしょうか?
連結間隔を「伸ばす」って、なかなか聞かない作業ですが、こんなオーバーハングの長い車両もあるのですねぇ。触ったことのある車両は大して多くありませんので、ちょっと新鮮な感じです。
そのうち気が向いたらスペーサーを取り付けてみます。

と中途半端な結末ですが…。
雷鳥色の点灯化を途中で放置してるのもずっと気になってるので、早くレイバーキャリアにケリを付けてもろもろ弄りたいです。

ではまた次回。

イングラム・デッキアップin久喜 など [等身大TNGイングラム]

昨年の大宮以来、久々のデッキアップイベントです。

20160522_kukiingram1.jpg

久喜…ってどこ?…という感じですが。
横浜在住のワタシからすると、大宮のさらに向こうとかもう僻地も僻地です。実際はるばる行ってみたら、想像以上にローカル感溢れる町でした。地元のお祭り的なイベントの一環としてのデッキアップですが、主催者の中にファンがいたのでしょうかね。

今回は隊長車も参加ということで、実写版のミニパトは初めて現物を見ました。
20160522_kukiingram2.jpg
なんというか、やっぱトゥデイじゃないと違和感…というよりは、車種的に地味すぎて、ほんとにタダのミニパトにしか見えません。あと、個人的にはこのカタチの赤色灯は好きじゃないのでそれもマイナス要因。

20160522_kukiingram3.jpg
まぁ、デッキアップ自体はもう何回も見たんで、今更どうということはないんですけどね。

ならなぜはるばる久喜くんだりまでわざわざ観に行ったのかと言いますと…。

ばばん。
20160522_kukiingram4.jpg
この写真を撮る為でした。いつか撮りたいと思ってた実車とのツーショット。
実はこのためにこのところ急ピッチで完成を目指してたんですが、手の遅いワタシのこと、案の定結局全然完成せずだったのですごく中途半端になってしまったものの、でもこれが最後のチャンスかも…ということで、今朝まで迷ったんですが結局でかけた次第です。

ほんとはもっとちゃんとした写真を撮りたいところでしたが、いかんせん未完成なのと、いざ現地に立ってみると他のお客さんがいる中でごそごそ模型を取り出したりするのに結構勇気が要りまして…。出先でフィギュアの写真とか撮ってるひとはすごいですね。
結局、会場の端っこからこっそり撮ったのが上の写真ですが、これじゃモニタの前で撮ってるのとあまり変わりませんな…(-.-;
20160522_kukiingram5.jpg

そもそも、あれこれ途中でマトモに持ち歩けるような状態になってないうえ、輸送のことなど一切考慮してないので、屋外に持ち出すこと自体ドッキドキです。なので、トレーラーのほうは諦めてトラクターだけでも…とタッパーに詰め込んで持って行きました。

とりあえず中途半端ながら目的は達したのでひとまず満足です。次があれば今度こそ…と思いますが、TNGパトレイバーは公式サイトすら繋がらなくなってる始末ですから、これが最後ですかね。
(長編のBD発売から1年経ってないのにどういうこと!?)


帰りにアキバに寄って、ロボ魂レイバーの展示を見てきました。
20160522_tamashiipat1.jpg
このファントムの展示とか燃えますねぇ。

肝心のイングラムは、かつてない「人間体型」がちょっと新鮮。気になるとこは各部まぁありますが、全体として個人的にはわりと好印象です。
20160522_tamashiipat2.jpg
お値段がちょっと張るのが難点ですが、指揮車もついてくるのかな???

タイラントとか作業用レイバーのラインナップには期待したいです。どうせ望み薄ですが、イングラムからして参考出品どまりと思ってたのが実現したんで、かすかな希望は捨てずに。
ていうかいきなりファントムとタイラントってとこが凄いチョイスだな。その勢いで97式改パイソンもおねがいします。


というわけで、なんとも微妙な結果に終わりましたが…せっかく盛り上がった勢いを維持して引き続きトレーラーの仕上げに邁進する所存であります。

ではまた次回。

クリアパーツのターン [1/43 ベンツ・アクトロス]

フロントバイザーからの流れで、クリアパーツを一気に作業します。

まずはフロントウィンドウ。
20160521_actros1.jpg
ルーフを下げたのに合わせて取り付け部も切り接いで強引に接着した状態でした。
瞬着をモリモリにしたせいもあって、ところどころに白化のスポットが出てしまってます。
かつ、そもそもこの種車は海外モデルなんでワイパーのモールドが左ハンドル仕様。

ということで、削ります。
20160521_actros2.jpg

ワイパーモールドをざっくり削ったら、全面的にペーパーがけ。
20160521_actros3.jpg
モールド周りを中心に若干のヒケがあったりしたのもなんとな〜くならします。

で、コンパウンドでひたすら磨いて磨いて…。
20160521_actros4.jpg
仮組みしてみましたが、若干まだ濁りはあるもののそこそこクリアにはなりました。
あとでもうちょっと磨きましょう。


一方で、毎度お馴染みのアオシマのデコトラパーツを加工。
20160521_actros5.jpg
マーカーパーツから削り出したこちらは、トラクターのサイドウィンカーです。

取り付けるとこんな感じ。
20160521_actros6.jpg
ウィンカー周りは今回電飾をオミットしましたので、貼り付ければ完了です。
いやしかし、電飾しないことにして正解です。既に配線の物量がとんでもなくて、どうさばいたらいいか途方に暮れてるので…。
やすったママなんでちょっと荒れてますが、取り付けたあとでクリア塗料をちょちょっと塗って仕上げるつもりです。

反対側も。
20160521_actros7.jpg
クリアパーツが付くとまたそれらしくなりますねぇ。

で、実車がこちら…なのですが…。
20160521_actros8.jpg
ウィンカー位置が違うのにお気づきでしょうか。
パーツを取り付けようと資料写真を確認して愕然としたんですが、ウィンカーの付くステーのバランスが実車と違ってます。本来は縦のステーよりも前にウィンカーが付くはずですが、付けるには長さが足りないのでやむを得ず縦桟より後ろへ…。
この辺、見ての通り泥よけとキャブの位置関係など、そもそもの種車のバランスが実車と微妙に異なっていて修正も困難な箇所なので、まぁ雰囲気ふんいき〜と割り切って進めた箇所だったような気がします。
が、かなり初期に作ったパーツなのでもはや記憶がありません。

ま、いっか。

さらにこんなパーツも削り出し加工。
20160521_actros9.jpg
こちらはトレーラーのサイドにつくウィンカーです。


とまぁクリアパーツ三昧な中、やっぱりフロントバイザーの形状はもうちょっといじりたいなーと思いまして。
ごりごりとやすりがけしておりましたところなんと!!!
20160521_actros10.jpg
割れたー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

案の定といいますか、恐れていたとおり、ウェルドラインから真っ二つになってしまいました…。
やっぱりウェルドラインは強度的にもウィークポイントなのだと学びましたよ。

さすがに今すぐ作り直す気力はないんですが、目立つ場所なんでリメイクしたい気も。
ただ現状とりあえず「完璧を目指すよりまず終わらせろ」モードなんで、接着して塗装でどうにか目立たなくなることを祈ります。

とはいえ、パーツ破損で思わぬテンションダウン…。
ではまた次回…。

フロントバイザーの成形 [1/43 ベンツ・アクトロス]

昨夜切り出したフロントバイザーを気合いで成形してみました。

取り付けステーの一部もなんとなく仮ででっち上げて取り付けてみたところがこちら。
20160517_actros1.jpg
う〜ん!
センターにスジが見えてて、クラックか!?とびびりましたが、元パーツのウェルドラインですね。でもウェルドから割れたりするのかしら…。調子に乗ってるとうっかり…ということがあり得なくないので慎重に慎重に。
ただもっと残念なカンジを覚悟してたんですが、意外と悪くない?

とはいえ、実車はこちらです。
20160517_actros2.jpg

比べるとまだ厚ぼったさが気になりますねぇ。というか取り付け位置が上すぎたかも。
穴あけちゃったんで上部を削ってなんとか帳尻があうかな…。ちょっとでかい気もするし。
あとは無理矢理曲げた左右のRがどこまで誤魔化せるかってかんじですかね。

でも思った以上にはなんとかなりそうなんで、ちょっと嬉しい誤算。
多少の差異は気にしない気にしない。
もう、呪文のように「完璧を目指すより…」と唱え続けております(^^;

てことで短信ですが、ではまた次回。

フロントバイザーへのトライ [1/43 ベンツ・アクトロス]

がんがんいきますよー。

お次の難題はこれ。
20160516_actros1.jpg
クリアグリーンの部分、フロントのバイザーです。

ぱっと見の印象以上によく見るとだいぶフクザツな形状で、完成度を考えれば型を起こしてバキュームフォームとかが適してるパーツです。が、そんなのやったことないので、挑戦するのはいいけどその分完成が遠のくのは目に見えています。
じゃぁ型を起こしてクリアレジンで複製?それも自分の経験値ではすんなりうまくいくかは未知数…。完成を優先してるこの段階では避けたいです。
…となると、おとなしくプラで削り出すしかありませんね。

とはいえ、平のプラ板から作るのはちょっと手間だし、カタチが近いパーツはないものかと探します。

ありました。
20160516_actros2.jpg
以前、ヘッドライトのレンズを切り出した、余剰のクラウン窓。こいつを…

ぱっかーん。
20160516_actros3.jpg
さらに…

ぱっかーん。
20160516_actros4.jpg

で…こんな感じです。
20160516_actros5.jpg
天井部分にあたるごくごく微妙な曲面を生かせないかなと思ったのと、こう切り出せば左右の回り込み部分もいけるのではと。

削ってサイズを調整しながら、左右のRを炙ってちょっとキツく曲げ直します。汚くなりましたが削って誤魔化し〜。
20160516_actros6.jpg
元がわりと厚みのあるパーツなのを利用して、多少のディティールを削り出しで表現できる余地があるのではないかと。
上面の回り込むような曲面とかを削れば「それっぽい」ぐらいの出来にならないですかねぇ…、と期待してるのですが…はたして。
とりあえず今回はここまで。


一方、前回作り忘れていた助手席ドアの補助ミラーを造形しました。
20160516_actros7.jpg
これはうまくいった気がします。

実車はこちらです。
20160516_actros8.jpg
ん…比べるとなんか違うな…。
まぁ黒く塗ればわからんわからん…てことで。


「完璧を目指すよりまず終わらせろ」!

というわけで、引き続き細部パーツ三昧。
完成まではずっとこんな調子ですねきっと。

ではまた次回。

バックミラーの制作・続き [1/43 ベンツ・アクトロス]

引き続きバックミラーです。

なんとかなったステーにプラ材でミラー部をくっつけていく作業。
こんなかんじです。
20160515_actros1.jpg
こういう細かいパーツをプラ材削り出しで作るのは別に嫌いじゃないし苦手意識もないんですが、どういうワケかとにかく手が遅い!!
これっぽっち作るのにえらく時間を要しました。

塗装して仮組み。
20160515_actros2.jpg
エアブラシ握るのは何ヶ月ぶりか…。リアルに埃が積もっておりました。

細部のアラとか細かい整合性とか気になるところは色々ありますが、「完璧を目指すよりまず終わらせろ」ということで。
キャブへの取り付け部分は、実車ではなんか複雑怪奇な金具が幾重にも組み合わさってるんで、資料写真を見ながら構造の把握にだいぶ時間を要したものの、雰囲気それっぽければオッケーでしょ!と割り切る勇気を持てました。

引きで見れば情報量が増えてディティール満点!……ってことにしておきましょう。
20160515_actros3.jpg

……助手席ドアに付く補助ミラーを作り忘れております。


さておき。まとめて塗装するつもりで準備してたあれこれも一緒に黒を吹き、カプラーまわりはこんな雰囲気になりました。
20160515_actros4.jpg
特に捻りもなく、GXブラックで地色を潰したあとでつや消しブラックを吹いております。黒一色なんでまぁディティールもなにもあったもんじゃないですがね…。
リアフェンダー(?)もつや消し黒にリペイントしましたのでぐっと引き締まりましたね!とか自画自賛しながらモチベーションを高めて参ります。


残り作業を把握すべくリストアップしてみたんですが、結構な数があり…。
そのどれも細部のちっちゃいとこばかりなんで、手の早いモデラーさんなら数日で片付けるレベルじゃねーの?なんて思いつつも、なかなかどうして。

モチベーションを維持するのに苦労しておりますが、そもそもここまで引っ張ってることがモチベーションを下げている一因でもあるんですよね。
都度都度、その時作りたいモノを気の向くまま弄ってる方が精神的にいいだろうとお手つきを増やしながらハンパな積みを量産してきたここ数年ですが、「完成させる」という経験をしない方が実はよっぽど精神的にはよろしくないということを最近ようやく学びまして。

「完璧を目指すよりまず終わらせろ。("Done is better than Perfect.")」

このレイバーキャリア自作プロジェクトは、実写版パトレイバーを自分の中で消化する為の作業でありつつ、これまでの自分のもけいスキルの集大成的な意味合いもありつつ、これを完成させることでいろんな事がひとつ前に進む気がしてます。
とにかく「完成」優先で。

ではまた次回。

バックミラーの制作 [1/43 ベンツ・アクトロス]

1/43スケールでTNGP版のレイバーキャリアをだらだら作っております。

引き続きトラクターのバックミラー。
前回までの反省を生かし、買ってきましたのがこちらです。
20160512_actros1.jpg
金属加工用のハンダ付けセット。それ用のはんだと、フラックスです。

確たる根拠も具体的な理由もなにもないもののハンダ付け関係はgoot派なんですけど、仕事終わりで寄れたお店がHAKKO商品しか置いてなかったので、事前の下調べが無意味に…。なんですが逆に、もろに「真鍮線」用と謳うハンダがあったので迷わず購入です。
そしてフラックス、普通の電気用のは持ってますが、今まで使わなくてもなんとかなってきたので使ったことありません。でも金属のハンダ付けには必須っぽいので併せて購入。

で、真鍮線をハンダ付けしてバックミラーステーの制作を本番トライ。

結果、やっぱり専用のマテリアルは、わざわざそれ用として売られてるだけのことはありますね、と。
ハンダ付けしたあとの強度が全然違います。もちろん力任せにぐいっとやれば取れますが、そんなのプラのパーツでも当たり前で。ちょっとつまんで軽くひねったぐらいでは取れない強度が出ました。
そしてフラックス超有能!いままで散々苦労したチップLEDの面妖ハンダ付けとかも、適切にフラックス使ってればもっとラクにできたのではないかと…。

で。

なんとかなった気がしますので、ミラー部をプラ板から削り出す作業に着手。
とりあえず一つ作ってみたのがこちらです。
20160512_actros2.jpg

こういう細かいけど目立つ部分はけっこう鬼門です。
出来もしないのに詳細な資料がある分、正確に再現しようとしてしまって無駄に時間がかかるパターン。別に目指してるのは超精密モデルじゃないんだからさ!と自分に言い聞かせます。
とりあえず雰囲気ベースではだいぶいい感じな気がしておりますので、この調子で行けますでしょうか。

ワケあって目指している「締切」に間に合うかどうかは極めて微妙ですが…。

ではまた次回。

バックミラーのステーの試作・さらに続き [1/43 ベンツ・アクトロス]

引き続きバックミラー。

0.8mmの真鍮線でやってみることに決めたので、今度は懸案の枝分かれ部分です。
ここはやはりセオリー通りはんだ付けするしかないかなと思いつつ、はんだ付けによる金属工作は経験値がありません。
LEDの配線代わりに無理矢理真鍮線を使ったことはありますが、真鍮どうしのはんだ付けはよく分からず…。

とりあえず手持ちのはんだでやってみましたところ、くっつきはしました。
20160510_actros1.jpg

ところが、ちょっと力を入れて捻るとすぐポロリしてしまいます。やけくそで瞬間接着剤を盛りつけてみたり、その上にダイキャストの削りかすをまぶして強度UPを計ってみたりするも、根本的な固着強度がそこまでではない模様。
やっぱり電子工作用じゃなくて金属用のはんだじゃないとだめなのかなー、なんて思いつつググってみましたが、真鍮ならフツーのヤニ入りはんだでOKという話もあるようで…。

あれですかね、せっかくくっついてるのに無理矢理毟り取ってみたりするからダメなんでしょうか。
ただちょっとぐらい強引に扱っても取れないぐらいじゃないと心配ではあります。

もうちょっと調べてみます。

ではまた次回。

バックミラーのステー試作続き [1/43 ベンツ・アクトロス]

ちょっと試作してみたバックミラーのステーの続きです。

0.5mmでは見た目的にも強度的にもちょっと細い感じでしたので、0.8mmで再トライです。
ウチのストックにはなかったので買ってきましたよ。
20160509_actros1.jpg

たかだか0.3mm太いだけでだいぶ印象が違いますが、考えてみれば6割り増しですのでそのぐらい違って当然です。

てなわけでぐいぐいっと曲げて取り付けてみました。
20160509_actros2.jpg
塗装するともう少しぼってりしそうですが、やっぱこのぐらいあった方がいろいろ安心出来そうですし、見た目的にもいいかなと。

で…。

仮組み中、気をつけてはいたものの真鍮線の断面でボディを引っ掻いてしまったりしておりまして…。

クリアがけまでしたのにこれリカバーすんの…?
呆然。


てなわけで短信ですが、ではまた次回…。

トラクターの「しっぽ」など [1/43 ベンツ・アクトロス]

電飾関係は一回お休みして、細部造形の残りを片付けにかかります。

久々のトラクターから。
前に書いた通り、実車の雰囲気に合わせて種車のホイールベースを少し縮めているのですが、実車だと逆にうしろがちょっと長い?ような。

こちらです。
20160508_actros1.jpg
延長してあるのかもともとそういう作りなのか分かりませんが、種車とは形状が違います。

ここ、どうせ目立たない部分だし放置でいいかなー、でもなー、と思案の挙げ句、途中まで工作しかけて放置していました。
プラ材を組み合わせてこの「しっぽ」部分の大まかなカタチを。
20160508_actros2.jpg
種車にもカプラーらしき造形はあったものの薄っぺらかったので、その上からかぶせるようにカプラー風の何かをでっち上げ、後端は追加の鉄骨フレームっぽいものやタンク状のものなどをそれっぽく付け足します。
もちろん後でもっと作り込みますが、どうしても資料が乏しい箇所なので細部が分からず、適当アレンジです。まぁそれこそほとんど見えなくなる部分なんで、テキトーでよいですかね。

仮組みしてみたところがこちら。
20160508_actros3.jpg
目立たない部分とはいえ、これが付くことで、トレーラーとの連結部分が妙に間延びしてたのが解消されます。やっぱあった方が良かったね。
あとあとナンバープレートなんかもここに付くことになりますので。


併せて、トレーラーに手を着けたついでにバックミラーのステーを試作。
20160508_actros4.jpg
試しに0.5mmの真鍮線を使ってみましたがちょっと細いかなぁ。
でも1mmだと太い気がするので、0.8mmぐらいか?強度も気になるし…。

実車はこちらです。
20160508_actros5.jpg

プライマー・サフ・塗装と重ねれば0.3mmぐらい太くなりそうですが。
あとは枝分かれ部分がうまく処理できるかがカギです。
とりあえず基本的にはいい感じに出来そうな感触はあるのでこのままいってみますか。

とまぁ、要は黒く塗るパーツをまとめてやっつけようという魂胆です(^^;


一方で、全体を組み上げてしまう前にと、長らく放置していた秘密のデッキアップギミックを改めて組み込んでテストしてみたりも。(と言ってる時点で秘密でもなんでもないですけど)
なんか異音がして動作が不安定になってしまってて、おかしいなぁ…としばし悩んだのですが、よく見たら内部フレームにギアが思いっきり接触してる箇所を今更発見したり。
ごりっと削ったら問題なく動作するようになったので一安心です。

ワケあって今月中には完成させたいのですが、はたして。
ではまた次回。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。