So-net無料ブログ作成
検索選択

トレーラーのライトバー [1/43 ベンツ・アクトロス]

ちまちま作業してないわけじゃないんですが、記事にできるほど一区切りつかない中途半端な状態の箇所ばかりでして…。

そんな中、今回はこちら。
20160626_Actros1.jpg
イングラムが載るステージ部、つま先付近に取り付けられているLED照明の再現です。
チップLEDが4つ仕込まれており、それを細いプラ材で囲うようにして造形してます。

実車がこちら。
20160626_Actros2.jpg
比べると相当にオーバースケールですな…。

もっと薄いプラ材を使えばより細くできなくもないですが、あまり薄いと接着剤でへろへろになってしまうので、直線を出すにはこのぐらいが自分の技術的には限度かなというのと、あんまり凝ったこと考えるとまた進まないので例によって雰囲気ベースで手を打ちます。

ナカミのLEDがこちら。
20160626_Actros3.jpg
1608サイズのLED4つを一直線に並べてますが、配線は直列ではありません。
裏でかなり無茶な配線をして、並列になってるのです。お見苦しいので見せません(^^;

光らせるとこんなかんじ。
20160626_Actros4.jpg
べらぼうに明るいワケじゃないですが、模型的にはこのぐらいで十分かと。

ちなみに上の実車写真だと、左右にもLEDサーチライトが一つずつ搭載されていますが、これはデッキアップイベント用の追加装備で、本編劇中ではついてません。なのでスルーです。


実はまたまたワケあって、あとひと月で完成させないとマズイことになりました。
今回はほんとにデッドラインです。やばい。
そんな中、すごい大事なパーツがひとつ行方不明です。どうしよう。

ではまた次回。

トレーラーのパイピング・続き [1/43 ベンツ・アクトロス]

いやはや、すっかりサボってしまっておりますが。

パーツ一個切り出して終了、一個くっつけて終了、みたいな超スローペースでだらだらとながら進捗してないわけではないんですけど。

パイピングの続き、こんな感じになっております。
20160614_Actros1.jpg
まぁ、見ての通りへっぽこ工作ですが、雰囲気ふんいき。

元はといえばこんな有様でした。
20160614_Actros2.jpg
コレに比べたらだいぶマシになったのではないかと…。

ここも初期に「テキトーでいいや」と工作してた部分。
さすがに他の各部と情報量が釣り合わなくなってたんで、切り飛ばしてあれこれくっつけてみました。

そんな微進捗ですが、今回はこれだけです…。
ではまた次回…。
タグ:模型 工作

トレーラーのパイピング [1/43 ベンツ・アクトロス]

またちょっとサボってました。
久喜行きでちょっと燃え尽きたんですかね(笑)。

そんな中、管理画面の表示によれば、どうやらこのへっぽこブログはアクセス数が累計10万を超えたようですよ。牛歩ブログなのにありがたいことです。

さて、久々にやる気を出しまして、中途半端で止まってた箇所に再着手。
トレーラーの荷台の配管まわりを進めます。

手始めに、太めのリード線をひん曲げたモノを2本ずつくっつけました。
20160605_Actros1.jpg

で、こんなかんじに、まずは一番目立つ配管を再現。
20160605_Actros2.jpg
ここんとこ、実車だと蛇腹っぽいんで、スプリングとか使った方がいいかなーとも思ったんですが、けっこうRがきついんで芯材入れるにしてもスプリングはキビシイかなというのと、スケール的にわざとらしく見えるかも、というのもあってプレーンなリード線にしてみた次第。

そして、前寄りの謎機器部分には、下準備として1mmのプラ丸棒に0.5mmの穴をあけて極細プラパイプを製造したものを各部に植え込みます。
20160605_Actros3.jpg
ていうかこういう作業は本来塗装前、もっといえばパーツ取り付ける前にやっておくべき。
あちこち当たるのでピンバイスが使えないところもあり、穴をあけるのに難儀しましたがどうにかこうにか。

で、植えた極細パイプに0.5mmぐらいの細いラッピングワイヤを配線しまして、とりあえずここまで。
20160605_Actros4.jpg
メインの配管の上を渡してある謎パイプは0.8mmの真鍮線です。

精度的にはあんまり近くで見たくない感じの仕上がりではありますが、情報量がぐぐっと増えましたので雰囲気的にはよろしいんじゃないでしょうか。

例によって作り込みのラインを見誤って迷いがちな部分。しかも今回作業したところ以外は、位置的に死角が多くて資料写真が撮りづらく、何がどこに繋がってるのかよく分からない箇所も多々あり、ある程度で割り切らないと無理です。
ただ実車だと山ほど謎の配管やらコードが這ってますので、割り切るにしても最低限必要なパイピングはまだまだ…。

ではまた次回。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。