So-net無料ブログ作成
検索選択

ワンダーフェスティバル2016[夏] [1/43 ベンツ・アクトロス]

ついにやって参りましたワンフェス当日。
ていうかとっくにやって参ってたのですが…。

レイバートランスポーターこと、実写版レイバーキャリアの自作モデル、いよいよお披露目です!

当日の展示の模様がこちら。
20160724_Actros1.jpg
このベース、なんとなくイメージしながら材料を買い込んではあったんですが、ちゃんと準備する時間が無くなってしまったので、大急ぎでテキトーなサイズにカットした部材だけ持参し、搬入後にその場で切った貼ったででっち上げました。
それにしてはまぁ格好ついたかなと思ってますがどうでしょう。黒ペーパーで化粧してはおりますが、ナカミの骨組みは発泡酒の段ボールです(笑)。
背面ボードが中途半端なサイズなのは、せっかく背面用に切り出した部材を出発前のドタバタで家に忘れ、余剰の材料でツギハギしてどうにか体裁を整えたため…。

ちなみに今回間借りした友人ディーラーのメイン出品はアイマスのフィギュア。アイドルフィギュアとトレーラーというなんともミスマッチな卓になりました(笑)。
(さらにちなみに、登録ディーラー名は「猫背の"群"隊」になってますが、正式名は「猫背の"軍"隊」です。友人があろうことか申請時に肝心のディーラー名を変換ミスしたという…)

20160724_Actros2.jpg
そもそも、ほとんど「持つとこがない」ぐらいに扱いのやっかいな模型になってしまったので、会場まで輸送することからして大きなハードルでした。
収納できそうなちょうどいい容れ物を苦労して探してこれも事前に用意はしてあったんですが、緩衝材の入れ方とか含めてまったく未検証なまま明け方「えぇい!」とどうにか間に合わせでやっつけたので、破損もなく搬入できて良かったです。
ただ、実はそもそも梱包前にとれちゃったパーツが一つあるんですけどね。なので実はよく見るとミラーの部品が1カ所ありません…。

20160724_Actros3.jpg
そんなこんなで無事開場を迎えたものの、正直どこまで反応があるかなーというのは完全に未知数でした。決して「どメジャー」なアイテムではないし。
が、開場早々「これを見に来たんですよ!」と訪ねてきて下さった方がいたり、複数の方が「販売の予定は…」と訊いて下さったりと、想像以上に注目して頂けました。

まぁさすがにこんだけLEDを仕込んでしかもピカピカと点滅してれば参加者の目を引くようで、必ずしもパトレイバー好きというわけではなさそうな方もたくさん写真を撮ってってくれたりとか、海外のお客さんも興味もってくれたりとか。
皆さんのお買い物が一段落する午後帯にはいっそう足を止めて下さる方が多くなり、ホントに予想外の反響でありがたい限りです。

長時間の電飾点灯も事前テストが何一つできてなかったので、電池切れとか発熱事故とか色々不安要素はあったのですが、若干怪しかったところはありつつも大きなトラブルなく持ちこたえてくれました。


そして会期も終盤、だいぶ落ち着いてきたかなーという頃、またとあるグループが足を止めてくれたのですが、ひときわ大きなリアクションが。
うちお一人はどこかで拝見したようなお顔……。
………………………小野さん!?

トランスポーターはもちろん実写版パトレイバーの劇用車の制作・運用を担当し、公式デッキアップ整備員として各地でのデッキアップイベントも手がけてた方。まさかの「ご本人登場」です。
20160724_Actros4.jpg
https://twitter.com/tngpat_seibi/status/757157386834497536

どっかで見て頂きたいなーとは思ってたもののまさかWFに来場されるとは考えてもみなかったので、いきなりのことに気の利いた対応も全然できませんでしたが、小野さんじきじきに「変態だね…」とお褒めの(?)言葉を頂き感動。
だったら今回は諦めたデッキアップもちゃんと準備していけばよかった〜!!と思いつつ。電動ギミックのためにギアががっつり噛んでるので、手動じゃデッキアップできないのがこの模型の難点でして…。


さらにその後やってきた方は「僕も作ったんですよ」とのこと。
え?と思ったら、「ModelGraphixの作例で…」ということで、モデグラでいちはやくこのトラポをモデル化されたモデラーのリョータさんでした。
20160724_Actros5.jpg
https://twitter.com/puramo_ryota/status/757163671143391232

リョータさんの作例は、自分がこのトランスポーターを作ろうと思い立ったきっかけの一つでもあり、制作中にも参考にしてました。
一方で、スピード命の模型誌作例ゆえに作り込んでない部分もあって、こっちは比較にならないぐらいの時間をかけてる以上、完成度では絶対超えてやるぜ!!と思ってた「仮想敵(笑)」でもあり。
見て頂けて良かったデス。


さらには、公式整備員ツイートから繋がってこの方まで。
20160724_Actros6.jpg
https://twitter.com/1kamisama1/status/757169544213307392
まさかの「班長」にも届いたー!


その上、いつもコメント下さるyanさんもわざわざ駆けつけて下さって、初対面。
先日お会いするチャンスだったかもしれないタイミングを逃してしまってとても残念だったのですが、ようやくお会いすることができました。

などなど、今回の出展ではいろんな方とお話しでき、またそれ以上に多くのみなさんに直接見て頂けて、非常に良い経験ができました。
友人ブースのお手伝いでのディーラー参加は何度かありましたが、自分で作ったものをひっさげての今回はやっぱり今までとは全然違って。いつもネット上で動画上げたりしてそれなりの方に反応頂いたりはしてるんですが、現物を見て貰える、生のリアクションを貰えるってのはいいなー、なんて。

半ば強引な(笑)お誘いをしてくれた友人に感謝しつつ、WF締め切りじゃなかったら、下手したらあと数ヶ月完成してなかったんじゃないかと…。
制作開始から約1年9ヶ月。バタバタで仕上げ切れてないとこもあるにはありますが、暫定ながら完成できてよかったです。残りの作業はおいおいまったり進めます。

さて、次回は。

超ラストスパート [1/43 ベンツ・アクトロス]

そんなこんなで、週末のできごとです。

「締め切り」ことワンフェスの前日となる土曜、さすがにあちこち細部の作業が残ってるとはいえ、もうほとんど完成したようなもん、とタカをくくりながら、ちまちまと仕上げの続きをやってました。
その余裕が大間違いであることを、あとで思い知ることになります。

プラ板の破片を塗装してこんなパーツを作ったりとか。
20160723_Actros1.jpg

なにかといえば、これら。
20160723_Actros2.jpg
ほんと細かいとこですが。
黒い四角パーツは、万が一の時にデッキアップフレームを支える真鍮線を抜き取れるようにあえて最後まで取り付けてなかったものです。

極小ながらうまいこと造形できた気がする旭日章も塗装。
20160723_Actros3.jpg
いいかんじです。

紛失して一時は途方に暮れたベンツのエンブレムと一緒に旭日章をとりつけ、別途作ってあったナンバープレートも接着し、フロントのディティール感がまたまた増しました。
20160723_Actros4.jpg

キャブ上のアンテナも真鍮線で。
20160723_Actros5.jpg
ちょっと太くなってる台座部はプラ材からの削り出しですが、これがまたすぐどこかへ飛んでいくもんで、これっぽっちのパーツにも無駄に時間をかけてしまったり。

各地で撮影した写真から画像加工して、ちまちまと追加のステッカーを制作。
20160723_Actros6.jpg

「特2」箱の背部の操作パネルっぽい造形部分です。
20160723_Actros7.jpg
さすがに写真ベースなんで、いい感じの精密感出ました。


で、ここからが地獄。
先日のほぼフル電飾時に露呈していた、トレーラー側のサーチライト2箇所がちゃんと発光しない問題、電源の割り振りを変更して対応することにしたもののサーチライト側の配線がまだでした。

サイドマーカーやテールライトと共用の電源に繋がってた配線を切断して、確保した別の電池に配線を繋ぎ、スイッチをもう一つ増設するだけ、なのですが配線が完全にカオスと化していて大混乱。
どうにかこうにか半田付けを済ませて組み上げ、さぁテスト!…とスイッチを入れたところ…点かない!!!!!
しかも、サーチライトどころかサイドマーカーもテールも点かない!!!!!!!!!!!!!!!!
大・ピン・チ!

既に午前1時を回り、ワンフェス当日です。深夜に一人大パニック。

が、得てして致命的なトラブルほど原因は単純なものでして、自作電池ボックスへの配線がプラスマイナス間違ってるどころか完全に順列組み合わせ状態で間違ってただけでした。
そのことに気付いて修復を完了し、ようやくほんとの「全電飾点灯」状態に持ち込んだのが午前2時すぎ…。
20160723_Actros8.jpg
なんならトレーラーのサーチライトは諦める、という選択肢ももっと早い段階で考えはしたのですが、間借りするディーラー主の友人が「電飾作例!!」と告知してくれちゃってたこともあり、その肝心の電飾部分が不完全な状態では飾れぬ!!というプレッシャーもあってどうしても全電飾点灯状態は自分的に必須でした。
実現できて一安心。

で、そういえば忘れてたここも…と追加作業。
20160723_Actros9.jpg
わりと特徴的な「特2」箱から後ろへ伸びる2本の太いケーブル
ここはWAVEのスプリングパイプを使うつもりだったんですが、思いの外スプリングの力がつよくてうまく曲げた状態で落ち着かせることができず、さんざん格闘した末に妥協してリード線に置き換えてとりあえず暫定。

で、展示許諾のため完成写真を当日提出しなきゃいけないのでバタバタと撮影したりしていたらすっかり明け方になりまして。
展示するにしてもディスプレイの準備が全く整っておりませんよ!?
もはや寝られないこと確定で、またしても大慌て…。

ほんとは、秘密のデッキアップギミックも当日場合によっては披露できれば、と思ってたんですが、前に書いた通りデッキアップは外部電源なので、ほんとはそれように有線リモコンを作るつもりでした。
が、もうそんな時間ないですし、かといって会場で電池ボックスにワニ口クリップ繋いで…とか余計な事故が起こりかねないので、デッキアップは泣く泣く諦めました。

それに絡んで、前回書いた「無くてもカッコはつく未着手のでかいパーツ」というのがこちら。
20160723_Actros10.jpg
実車でも取り外し式のアウトリガーです。
デッキアップには必須ですが、デッキアップを諦めるのであれば別になくても構いません。
土曜の昼間、それなりの時間をかけて造形から塗装まで終わらせていました。
結果的には必要なくなったので会場には持ち込みもしなかったんですが、このパーツを早々にオミットしておけば、ちょっとぐらい寝る時間があったんではないかと…。

という、いろいろとお粗末なワンフェス前日から当日未明にかけての顛末でした。
WF当日編に続きます。

細部引き続き [1/43 ベンツ・アクトロス]

進捗的には、ブログ書いてる場合じゃないんですけどね。

「締め切り」に向けて細部をがしがし進めます。

各部マーキング。
20160721_Actros1.jpg
デカールだとまた技量不足によるトラブルの恐れがあるのと、つや消し状態の上に貼付することを考えて、今回は割り切ってステッカーにします。
各地のデッキアップイベント撮影した画像を元に作成したデータを、ステッカーシートに印刷しました。イベント時にはだいぶ色褪せてしまってたのでそんな感じになっとりますが…それもまたリアル!?

貼りました。
20160721_Actros2.jpg

こちらも。
20160721_Actros3.jpg
思った以上に厚みが気になりますが、ひとまずはスルーで。

後回しにしてたサイドマーカーも塗装しました。
20160721_Actros4.jpg
上の画像と比べると、こんな些細な色差しでずいぶんと印象が変わるモノです。
電源周りが改修中なので光らせてどうなるかドキドキですね。

で、ひとつ重大なパーツがまだ未着手でした。
トラクターの前面どセンターに付く、警察車輌の魂ともいうべきアレ……そう、旭日章です。
スケール的には、台座部の直径で約2.5mmの極小パーツです。
うまくいくんかいなと思いながらトライしてみたのがこちら!
20160721_Actros5.jpg
プラモの黒ランナーを輪切りにしたものを台座に、プラ板を切り出した五角形を貼り付け、なんとなく削り出した上でセンターにコンマ数mmの穴をあけて伸ばしランナーの切れ端を刺しました。
フリーハンドでちまちまやってることを考えると、結構いい感じなのでは!?


というわけで急ピッチ!
…なんですが、困ったことにこないだの(ほぼ)全電飾点灯がだいぶ自分的には満足感があったようで、あと一息のテンションを保つのが意外とムズカシイのです。
実はもう一個でかいパーツが全く未着手なんですけど、無くてもカッコはつくんでどうしよっかなー、みたいな。

完璧を目指すよりまず終わらせろ。
ではまた次回。

各部進捗報告と告知。 [1/43 ベンツ・アクトロス]

昨夜はとりあえず電飾の現状をお見せしましたが、併せて各部もちょいちょい仕上げが進んでおりました。

とりあえず全体像。
20160719_Actros1.jpg
取り外してたパーツなんかも仮組みしまして、造形的にはほぼ完成状態の姿です。
ちょっとキャブ浮いてるのは配線を噛んでしまってるからなのでそこも要修正ですが…、よくぞここまできたものだと。

やっぱ、色の付いたパーツが付くとまた情報量増えていいかんじですね。
というわけで、フロントバイザー。
20160719_Actros2.jpg
真っ二つに割れてしまって作り直すしかないな〜という感じでしたが、色塗って誤魔化せれば、ということで取り敢えず塗ってみました。さすがにクリア塗装なんで破損部分バレバレですが、まじまじと見なければあんまり分からないんじゃないですかね。
クリア樹脂での複製とかも考えながらいちおう型取りしてあったりしますが、「締め切り」も近いことだし、とりあえずこのまま行くことにします。完璧を目指すよりまず終わらせろ。

「特2」ボックス上のサーチライトも装着。
20160719_Actros3.jpg
ここ、中に電池ボックスが収まることとか、箱の側面の自作デカールの段差研ぎ出しがうまくいってないこととかで保留してましたが、もうガンガン進めるしかないよ、ということで取り付けて配線。とはいえ電源周りの課題があることは前回書いた通りですが、造形上の保留箇所が一つ減るだけでも。

側面の自作デカール処理は、すごくキレイにいってたのに一度研ぎ出しに失敗して印刷が溶け出すという事故で貼り直した結果、クオリティがちょっと下がってしまったのが残念ですが、これも全体像の中で見れば気にならないハズ。完璧を目指すよりまず終わらせろ。

そして、各部黄色回転灯のクリアパーツも塗装して接着しました。
20160719_Actros4.jpg
もうちょっとハッキリ色が付いても良かった気もしますが、クリア塗装はムラやパーツごとの統一感の合わせにも気を遣う上、あんまり濃くするとただでさえ照度が心許ない回転灯電飾の光を遮ってしまうので、落としどころ的にはこんなもんじゃないかと。完璧を目指すよりまず終わらせろ。

「締め切り」までにどこまで残りの細部を追い込めるかどうか、踏ん張りどこです。

というわけで、なんとなくのメドは付いたっちゃ付きましたので、告知です。
このレイバートランスポーター、このまま大事故がなければ、ですが、今週末のワンフェス2016夏にて友人ディーラー「猫背の軍隊(5-07-13)」のブースに間借り展示します。
ガレキのイベントでこういう模型の展示は場違いなんじゃ…とは思ってるんですが、友人の強い強い誘いを受け、なじみの展示会があるわけでもないんで良い機会かなということで。実はカタログには既に告知載ってるんですが、幸い展示の版権許諾も下りましたので、いい形で臨めればと思ってます。
というのが「締め切り」の正体でした。

作業台の上で動かすのも気を遣うモノをどうやって持ち運ぶんだ、という問題もありますが、こないだ久喜まで持ってったのはそのための輸送テストの意味合いもあったのです実は。

まぁどうなることやら、ですがね。
ではまた次回。

(ほぼ)全電飾点灯! [1/43 ベンツ・アクトロス]

引き続き地獄の配線処理の結果…。

20160718_Actros1.jpg
ばばん!

(ほぼ)全電飾点灯です。
いちおう「ほぼ」ではなく全ての電飾部への配線は終わってるんですが、トレーラーのサーチライト2箇所は電源の並列化で対応してみたもののどうしても暗く、しかも途中で消えてしまうという症状。要再度調整です。

あと、黄色の回転灯がちょっと暗い気がするのも恐らくCR2032の限界によるモノ。まぁこのぐらいなら十分かなという気もしますが、ちょっと抵抗かまして暗めにしてるサイドマーカーのほうが明るく見えるもんなぁ…。
サイドマーカーはまだ色塗ってないんで、それでちょっと明るさ調整できますかね。

自作電池ボックスの信頼性がいまいち低いのも問題。どうしたものか。

そんなこんな、あとちょっと!

ではまた次回。

配線処理 [1/43 ベンツ・アクトロス]

記事にするほどの進捗がなかなかありませんが。
敗戦処理ならぬ配線処理です。

前回ちょっと書いた、CR2032では容量不足になる件は、赤色回転灯と赤色点滅灯を別電源にしてたところを、共有させることで電池一つ分の空きが出ました。
回転灯と点滅灯と、電源を共有すると立ち上がりの動作が不安定になる症状があったのですが、別回路にしても別に改善してなかったので、だったら一つでも一緒じゃねーかと今更。

で、トレーラーの配線作業もまだ残ってますが、キャブ周りのワイヤの取り回しに全然メドが立ってなかったんで、取り敢えずその辺をあれこれ試行錯誤。
20160717_Actros1.jpg
単に配線するだけならどうにでもなるところ、前に書いた通りギリギリまで分割できるようにしておきたいのと、スイッチの置き所が難しく。

20160717_Actros2.jpg
意味も無く残してたキャブのティルトギミックを活用して、キャブ底面にスイッチを配し操作時はキャブを上げるという奇策に落ち着いたものの、予定してた構造だとスイッチ単体では収まるものの配線するとクリアランスが確保できない問題が発覚したので作り直し。
さらにいざ配線してみたところ、またしても組み立ての難易度が上がってもう大変です。

もうちょっと工夫したいとこですが、コネクタで抜き差しできるようにすると今度はコネクタがまたスペースとるのでそれも難しく…。
でもまぁじりじりと仕上がってきております。
そして「締め切り」まで1週間を切りました。さてさて。

ではまた次回。
タグ:模型 工作 電飾

トラクターの細部あれこれとか [1/43 ベンツ・アクトロス]

相変わらずの牛歩っぷりですが、そろそろラストスパートです。
アクトロスMP2の手頃な種車がなかったのでMP1から必死に改造して年式違いを作ってるのに、先日MP2の同スケールミニカーがほどほどの値段でヤフオクに出てるのを発見して発狂しそうになりましたが。

そんなアクトロスの作業です。
現状です。
20160710_Actros1.jpg
さて問題です、どこが変わったでしょう。分かんねーよ!って感じですよね(^^;

分かり易いのはホイールの塗り替えでしょうか。
20160710_Actros2.jpg
ギンギラメッキパーツにいつも通りカビキラーを振りかけてメッキを剥がしたら、なぜかクリア樹脂でした。なんでだろ。

そしてお馴染みクレオス8番シルバーに塗り直し。実車同様に落ち着いた色合いになりましたよ。
20160710_Actros3.jpg
でも、なんでこないだトレーラーのホイール塗り替えたときに一緒にやっておかなかったの?…と思われるでしょう。この段取りの悪さがワタシら・し・さ、です。
そんな「らしさ」要りませんけど。


色々中途半端だったバンパー周りも仕上げます。
20160710_Actros4.jpg
見ての通り寄るとひどいんですが、フォグランプのカバーを薄いプラ板から切り出して取り付け。
取り付けたあとで、白色LEDに電球色っぽい塗装を施すのを忘れてることに気付いて慌ててやり直したりと、またまた「らしさ」全開デスヨ…(-.-;

ずいぶんと前に作ってあったヘッドライトのクリアカバーも接着しましたが、その前にウィンカー部分にクリアの伸ばしランナーを植えてオレンジ塗装でそれっぽく。
バンパー左右のウィンカーは、電飾もしないので割り切って塗装表現です。

さらに、無理矢理開口したままだったキャブの背面に、ガラスが入りました。
20160710_Actros5.jpg
これも汚いな…。

現物合わせでt1.7のプラ板からの削り出しです。
20160710_Actros6.jpg

元々、カパッとはめられるようにと…
20160710_Actros7.jpg
こんな形状のパーツを必死で削り出してたんですが、あちこちつじつまが合わないくせにやたらあちこち干渉するんで諦めました。
結構な時間かけたんですけどねぇ…。

クリアパーツつながりで、キャブ上のサーチライトにも作ってあったクリアカバーをくっつけました。分かりにくいけど。
20160710_Actros8.jpg

とまぁ、そんな感じで作りだめてあったパーツがどんどん一つになってくので、完成が近づいてるのを感じますよ。
なんて言いつつ、すぐ完成するワケじゃないのも毎度のことです。


一方、トレーラーの方はと言いますと、各部電飾の配線をまとめ始めました。
20160710_Actros9.jpg
これまたずいぶん前に作ったへっぽこ電池ボックスがようやく陽の目を見まして、やっとスタンドアローンで発光するように。

床下はといえば、またずいぶんとお見苦しいですがスイッチやPICAXEユニットがこんな感じにシャーシフレームの間に収まっております。
20160710_Actros10.jpg

と、ここでひとつ設計ミス。
先日取り付けたデッキアップフレーム足下のサーチライト、サイドマーカーとかと並列に配線したところ、ほとんど光りません。
単3電池×2でテストして問題なくどっちも光ってたんですが、本番電源でのテストを怠ってまして、白色LEDということもあり、CR2032ひとつでまかなうにはさすがに容量不足だったようです。
LEDごとにどの電源に割り振るか、ちょっと悩みどころですね。


てな感じで、全体像が変わり映えしない作業はなかなかテンション上がらないものの、さすがにここまで完成に近づいてくるとやる気も出てきます。
果たして「締め切り」には間に合うでしょうか!?

ではまた次回。

トレーラー細部あれこれ [1/43 ベンツ・アクトロス]

あっちをいじり、こっちをいじり。
今回はトレーラーです。

真鍮線でちまちま部品を作り、塗装。
20160704_Actros1.jpg
さぁ取り付けよう、と思ったら一つどこかへ飛んでいきました。
というのが昨日の出来事。

今日になって無事発見しましたので、取り付けです。
20160704_Actros2.jpg
分かりづらいですが、リアタイヤ前のステーです。
これも、付けるなら付けるでもっともっと前の段階で工作しておくべき部分。
早い話が、作るのを忘れてて、気づいた時には工程的にすごく中途半端で、面倒くさいからオミットするか…でも…、とか考えてるうちにこの段階に至ってしまったという、まぁいつものあれです。
驚きの工作精度(の低さ)もいつも通りですが、情報量が増えたことでよしとしましょう。これ以上アップにはできません。

先日の足下サーチライトの配線の段取りが見えるまでバラしておかざるを得なかったんですが、その辺も何とかしましたので、久々にトレーラー全体を組み上げてみました。
20160704_Actros3.jpg
ギンギラのメッキを剥がしたまんまだったホイールにも先日シルバー塗装を施し、落ち着いたほどよい塩梅に。タイヤがやたら固くて、ホイールにかぶせる過程でせっかくのシルバーがちょっと剥げたとこもありますがね。

不測の事態が起きても対応できるように、最後の最後までバラせるように作りたい性分なので、このトレーラー、大きくはシャーシ・荷台・デッキアップフレーム・シリンダー、の4パーツに分割されています。が、パイピングやら配線やらが増えたことで、組み立ての難易度がもの凄く上がってしまい…。
配線を避けたらこっちのパーツが干渉して…みたいなことの繰り返しで、組み上げるだけで一苦労。それもあって、ココまで来たらもうバラさないでいいかな、という今の時点で一体化させた次第です。

前よりのパイピングだらけのところはこんな感じに。
20160704_Actros4.jpg
どうも実車よりクリアランスがタイトになってしまってるようで、矢印のとこがちょっと無理がある感じになっており。どうしたものかとツンツンしたら取れてしまったので(^^; ついでに作り直します…。

あと、秘密のデッキアップギミック(もはや秘密でもなんでもない)もテストしてみたり。デッキアップはいいんですがデッキダウンに少々難ありなものの、「アップ」さえできれば十分楽しい気がするのでとりあえず念頭には置きつつ保留です。

で、ここまできたら、いよいよ電飾配線もまとめに入らないとですね。
ただ、いざ繋いでみたら一つ二つ点灯しなくなってるとこが出てくるんじゃないかとドキドキですが。どうなりますやら。

ではまた次回。

発見!発見!! [1/43 ベンツ・アクトロス]

先日書いた通り、とある超大事なパーツが行方不明になっていました。
実はかれこれ2ヶ月ぐらい前から見ていませんでした…。

種車から取り外した不要パーツや、とりあえずまだ付けないパーツとかを小さなトレーにまとめてぶち込んでるのですが、一度そのトレーを盛大にひっくり返したことがありまして。多分その時に飛んでいったのでは…と。
一方で、「超大事」なパーツですから、無くさないように別で保管したような気もしつつ、実際分けてしまったのか全く記憶が無く。「ちゃんと保管しておかないと無くすな」と思ったところまでは覚えてるのですが。

ひっくり返したときにあらぬところへ飛んでったとなると、掃除機で吸い込んだ可能性も…と最悪の事態も想定しながら、パーツが散乱した場所はいろいろと乱雑にモノが置かれてる場所でもあり、どこかのスキマに落っこちてはいないかと、何度も探してはいたのですが一向に見つからず。
ちゃんと保管してた場合に考えられる場所もあれこれ探しましたが出てこず。

やっぱり掃除機コースかな…と半ば諦めかけていたのですが、今日、こないだも見た紙袋の中を改めてひっくり返してみたところ、ありました!!!

こちらです!!!
20160703_Actros1.jpg
メルセデス・ベンツのエンブレム。直径約7mmのパーツです。
これがなくっちゃシマらないですよね〜。
ないならないで作れなくもないとはいえ、細かくて同じ精度での再現は無理、しかもきらきらメッキパーツの輝きは、自作では出せません。見つかって良かった〜。

しかし、一回見たところなのに、なぜ前回は見つけられなかったのか…。
とりあえず大至急、がっちりフタの閉まる「だいじパーツ入れ」にしまっておきました。

そんなわけで、工作の進捗ではないですがすごい嬉しかったので本日の更新はこれだけです。
ではまた次回。

トラクターのテールライト [1/43 ベンツ・アクトロス]

引き続き、残された細部工作をちまちまと進めます。

今回はトラクターのテールライト周り。
トレーラーと連結したらあまり目立たなくなるので、最後まで電飾するかどうか悩んでた部分。
それもあってずっと後回しにしてたのですが、結局光らせることにしました。

20160702_Actros1.jpg
もともと種車のライト部分には、クリアパーツが付いていたのですが、入手時点で片側が欠損しており、もう片方は塗装のためにバラそうとした際にどこかへ飛んでいきました。
なので、種車のトレーラーの方についてた非クリアのパーツが形状は同じであることを生かして、またまたおゆまる+UVレジンで複製しつつLEDを鋳込みます。
薄っぺらいんで型の歪みが出てしまいましたが、それこそ目立たないので気にしない気にしない。
実車ではテールとハザードとバックランプユニットになってるので、今回光らせないハザードなどの箇所は、遮光を兼ねつつシルバーで塗装表現に。

で、ちまちまと筆塗りしました。
20160702_Actros2.jpg
なんとも低クオリティですが気にしない。

取り付けてみたところがこちら!
20160702_Actros3.jpg
まだちゃんと配線してないのでとりあえず片方だけ光らせてみましたが、遮光が甘くて漏れまくり…。
でもそれも気にしない。

ついでに、中央の追突防止?用の反射板も、プラ板で作ったのを取り付けました。
一気に情報量が増えてそれらしくなりましたね。

保留してたテールライトが付いたので、トラクターの電飾配線は本格的にまとめられるかな?
と思いきや、キャブ周りでまだいくつか細かい作業が残ってるのが先でした。
いつもながら、段取りが悪いので効率も悪いです。

ではまた次回。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。