So-net無料ブログ作成

ROBOT魂 ブロッケン [雑記]

ROBOT魂 SIDE LABORから、ブロッケンが発売になりましたよ。
20170429_Brocken_1.jpg
欲しくないわけじゃないんだけど、そこまで欲しいわけでもないんだけど、でも買い支えないとみたいな、微妙なテンションで買い続けておりますロボ魂パトレイバーシリーズ。
毎度ながら、ちゃんとしたレビューはよそのちゃんとしたレビューサイトでご覧下さい(^^;

中身はこんなかんじ。
20170429_Brocken_2.jpg
けっこういろんなおまけが付いてくるので、プレイバリュー的には悪くないかんじです。

なにより信号機みたいなオプションは情景が作れるので楽しいですね。
20170429_Brocken_3.jpg
しかし、ブロッケンが「引っこ抜いて振り回す用」を想定してるので、どう考えても歩行者用信号の位置が高すぎます(笑)。


イングラムや指揮車と並べるとちょっとしたジオラマ感。
20170429_Brocken_4.jpg
軍用武器あれこれ付いてきますが、TV版・コミック版ともに肉弾戦ばっかりだったので、素手でぬぼ〜っと立ってる方が雰囲気あります。

パケ裏の公式画像はきっと1/60プラモのパケ画再現なんでしょう。
20170429_Brocken_5.jpg
開田裕治さんのイラストの方が数倍カッコいいけどね。

てことで、1/60とリボと引っ張り出してきて並べました。プラモは間接カバーすら付けてないパチ組み以前の状態で恐縮ですけど。
20170429_Brocken_6.jpg
プロポーション三者三様。
こうしてみると、レンズ歪みを考慮してもプラモ版ごついな。

ロボ魂ブロッケン、例によってぱっと見の印象はそんなに悪くないんですが…。
下半身はイングラム同様にすらっとした人型寄りのアレンジもありつつ上半身はわりとマッシブな感じになってて、全体としてはなんかアンバランスな印象。
なによりフンドシ部分の異常なハイレグ感はなんなんでしょこれ…。あと、どうも首が埋まりすぎな感じですねぇ。

そして相変わらず脚部も腕部も回転軸が足りないんでポージングしてるとホントにストレス溜まります。往年の1/60とほとんど可動の自由度が変わらないってどうなの。

リボ版はやっぱりカッコいいなぁ…。
20170429_Brocken_7.jpg
機関砲はリボ版プロテクトギアからぶんどったやつです。


そんなこんなで、部屋を片付けるべく要らないオモチャを処分してる一方でどんどん新発売のアイテムが増えていくのでプラマイゼロどころかマイナスですよ。


そろそろ模型モチベを上げていきたいところなんですがね…。
ではまた次回…。

おまとめローン(違 [北陸本線の模型]

最近ちょっとスランプというか、がりごり工作する元気があまりなくて。
手軽に片付くBトレを消化する一方で、「買って満足」状態だったNゲージ車両にちまちまと最低限の付属パーツを取り付けたりとかしてる今日この頃です。

経験上、部屋が片付いてないと精神的にも良くないのは分かってるんで、ちょっと積みの山をなんとかしないと。
で、ちりつもでスペースをとってるあれこれを、セットアップしつつコンパクトに。

客車だけ入手してた、TOMIXのさよならトワイライトエクスプレス。
20170423_N_1.jpg
2ケースに5両ずつだったものを…
20170423_N_2.jpg
おまとめ!

そしておなじくTOMIXの485系上沼垂色のAセット+増結4両。
20170423_N_3.jpg
これも…
20170423_N_4.jpg
おまとめ!

どちらもCASCOの10両用ウレタンAを使用です。
CASCOかKATOのケースにのみ対応ってことになってますが、TOMIXのケースより5mmほど幅が狭いだけなので、TOMIXケースにも収まります。スキマには付属パーツを収めたり余ったウレタンをはめ込んだり。
TOMIXケース対応の10両用ウレタンもあって、そちらは車両が全部同じ向きに収まるので美しいんですが、21m級車両にはちょっとキビシイので。
一部カットして調整してはいますが、このウレタンAがベストチョイスなようです。

さらに…
20170423_N_5.jpg
密かにちょっとずつ買い足してたコンテナ貨車軍。
このコキたちも…
20170423_N_6.jpg
おまとめ!

こちらはTOMIX純正のコキ12両用ケースに。純正だけあってすっきりキレイに収まりますね。
2両余ってますが、これはどちらもテールライト点灯仕様。分かり易いように敢えて単品ケースのままにしておきます。計算通り。

ついでに、これも再販を狙ったりしてちょこちょこ買ってたコンテナの山。
20170423_N_7.jpg
一気に…
20170423_N_8.jpg
おまとめ!

ということで、それぞれバラバラにケースに収まってたものをまとめたので、だいぶ省スペースになりました。

でもまだまだ焼け石に水…。
買ったまま遊んでないおもちゃがけっこうあるんで、思い切って手放すしかないですかねぇ…。

ではまた次回。

[Bトレ] 24系 トワイライトエクスプレス [北陸本線の模型]

引き続き、Bトレ消化月間。
ついにあのプレミアムな編成が登場です。

Bトレインショーティー・トワイライトエクスプレス。
20170410_Btrain_twi_1.jpg
実車については改めて言うまでもないですね。北陸本線というか日本海縦貫線の花形寝台特急としてその名を馳せましたが惜しまれつつ引退。残念ながら乗ったことはありません。
箱にヨドバシの値段シールが貼ってありますが、毎度のオークションでプレ値でゲット…。
定期的にABセットで出物があるんでそこまで激レアというわけでもないですが、人気も高いので定価の2〜3倍で取引されることが多いようで、タイミングによってはそれ以上の高値を付けることも。そんな中、たまたま強力なライバルがいなかったのか、プレ値ながら相場からするとほぼ底値で落札することができました。

とはいえ実車同様になかなかのプレミア感で、ゲットしたのは昨年なんですが手を着けるのがなんとなくもったいなくて積みっぱなしになってました。
20170410_Btrain_twi_2.jpg
AB各5両セットということで、ぎっしりパーツが詰まってます。
かつ、ちゃちいアテンダントフィギュアまで付いてきます。全く要りません。
しかも、ABセットどちらにもEF81が付いてきます。同じ機関車2両も要りません。
早速、機関車+フィギュアのセットでオークションに放流して、わずかながら購入資金の足しにしました。


ガンガン組みますよ。
20170410_Btrain_twi_3.jpg
基本的なパーツ構成はいつも通りで特に変わったことはありません。

とはいえ、天井に達する大きな窓なんかは特徴的で、ショーティーながらなかなか特別感がありますね。
20170410_Btrain_twi_4.jpg
前にも書きましたがBトレって結構ダボを削ってやらないとはめ込みがキツ過ぎてマトモに組めないことが多いんですけど、このセットは珍しくほぼ調整せずにすんなり組めました。


ということで、機関車+客車8両のボリュームながら手早く完成〜。
EF81は今回も日本海の時と同様とりあえず付属の無動力シャーシですが、客車はバンダイ台車でN化。
20170410_Btrain_twi_5.jpg
やっぱり展望室仕様のスロネフ25を最後尾にしたい派なので、手持ちの余剰パーツを使ってスロネフ後尾はダミーカプラーにしています。

全体像。
例によってまだシールは貼ってないんで、目立つエンブレムもなくてちょっと寂しいけど。さすがに貼らないとですな。
20170410_Btrain_twi_6.jpg
ほぼフル編成です。
足りないのはオハネ25-520番台が2両。オハネ25は510番台とのパーツ選択式で1両しか組めないため、フル編成を目指す人はBセットがもう2セット必要という、とんでもない出費を強いる仕様となってます。なんだかな〜。だったら余る機関車と変なフィギュア要らないよ、と誰しもが思うよね。

反対から。
20170410_Btrain_twi_7.jpg
自分はそこまでフルにこだわりませんが、これだけ各車の見た目が異なるとどれも外せないのは確か。強いてオミットするなら…と考えると、オハネ25が省かれるのは致し方ないと言えなくもないかも?

現状で十分長くて迫力ありますから早く走らせてみたいところですが、EF81の動力化をなんとかせねばです。カプラーもついてないので、実は連結もできてません。
そろそろ工作ブログっぽいこともしないとなので、ちょっとやってみますかね。

ではまた次回。

[Bトレ] 富山地方鉄道10030形 [富山地鉄の模型]

Bトレ消化月間。

本日はこちら、京阪電車・旧3000系です。
20170404_Btrain_10030_1.jpg
ん?なぜに京阪?と思わせつつ…。
この「引退記念特別バージョン」には、富山地鉄に移籍した後の姿を再現できるパーツが同梱されているのです。

富山地鉄仕様は、いわゆるかぼちゃ色こと新塗装verを鉄コレで確保してますが、京阪色のこの仕様はNゲージだと再現するのにちょっとハードル高いのでBトレでお茶濁し。

4両セットでパーツたっぷり。
20170404_Btrain_10030_2.jpg
ただ現行の地鉄仕様だと3両編成なので、1両余ります。

で、この通り前面パーツと台車レリーフが3種類。
20170404_Btrain_10030_3.jpg
富山地鉄仕様の他、大井川鉄道に移籍したバージョンのパーツも含まれてるんですね。
ということは、またしても余るパーツが出ます…。

早速組み立て〜。
20170404_Btrain_10030_4.jpg

出来ました。バンダイBトレ台車でN化。
20170404_Btrain_10030_5.jpg
富山地方鉄道が誇る(お下がりだけど…)観光列車、ダブルデッカーエキスプレスです。ステッカー貼ってないとだいぶ寂しいな…。
さっさと貼ればいいんですけど、毎度なんかもったいない気がして!?貼らずじまいです。

特徴的な2階建て車両、ボディ形状と干渉するんで台車レリーフが使えない…んですが、そもそもこのセット、富山地鉄仕様としてはダブルデッカーを組み込む前の2両編成時代の再現なので、ダブルデッカー分の台車レリーフが付いてないんだけどね。
さすがに見栄え悪いんでなんとかしたいけど、がっつり台車削る以外にはなさそうだな…。

そんな、10030形ダブルデッカーエキスプレス、昨秋の撮り鉄旅行で撮った写真を1枚。
20170404_Btrain_10030_6.jpg
(富山地方鉄道・千垣-有峰口/千垣橋梁)
この写真だと実車はスカート付いてないんですが、夏期はスノープラウ外してスカート装備だったりするようなので、Bトレ版はスカート付きにしてみました。
見比べるとBトレのディフォルメ感、やっぱり可愛らしくて良いですね〜。

ついでにもう1枚実車写真貼っとこうかな。
20170404_Btrain_10030_7.jpg
(富山地方鉄道・有峰口)
16010形こと元西武5000系レッドアローと10030形こと元京阪3000系テレビカー。
東西の名車が遠く富山の山奥の寂れた駅で交換するという、なかなかすごい絵面です。


さて、Bトレまだまだ積んでるんで、ガンガン消化しないと…。
ではまた次回。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。