So-net無料ブログ作成
検索選択

ROBOT魂 ブロッケン [雑記]

ROBOT魂 SIDE LABORから、ブロッケンが発売になりましたよ。
20170429_Brocken_1.jpg
欲しくないわけじゃないんだけど、そこまで欲しいわけでもないんだけど、でも買い支えないとみたいな、微妙なテンションで買い続けておりますロボ魂パトレイバーシリーズ。
毎度ながら、ちゃんとしたレビューはよそのちゃんとしたレビューサイトでご覧下さい(^^;

中身はこんなかんじ。
20170429_Brocken_2.jpg
けっこういろんなおまけが付いてくるので、プレイバリュー的には悪くないかんじです。

なにより信号機みたいなオプションは情景が作れるので楽しいですね。
20170429_Brocken_3.jpg
しかし、ブロッケンが「引っこ抜いて振り回す用」を想定してるので、どう考えても歩行者用信号の位置が高すぎます(笑)。


イングラムや指揮車と並べるとちょっとしたジオラマ感。
20170429_Brocken_4.jpg
軍用武器あれこれ付いてきますが、TV版・コミック版ともに肉弾戦ばっかりだったので、素手でぬぼ〜っと立ってる方が雰囲気あります。

パケ裏の公式画像はきっと1/60プラモのパケ画再現なんでしょう。
20170429_Brocken_5.jpg
開田裕治さんのイラストの方が数倍カッコいいけどね。

てことで、1/60とリボと引っ張り出してきて並べました。プラモは間接カバーすら付けてないパチ組み以前の状態で恐縮ですけど。
20170429_Brocken_6.jpg
プロポーション三者三様。
こうしてみると、レンズ歪みを考慮してもプラモ版ごついな。

ロボ魂ブロッケン、例によってぱっと見の印象はそんなに悪くないんですが…。
下半身はイングラム同様にすらっとした人型寄りのアレンジもありつつ上半身はわりとマッシブな感じになってて、全体としてはなんかアンバランスな印象。
なによりフンドシ部分の異常なハイレグ感はなんなんでしょこれ…。あと、どうも首が埋まりすぎな感じですねぇ。

そして相変わらず脚部も腕部も回転軸が足りないんでポージングしてるとホントにストレス溜まります。往年の1/60とほとんど可動の自由度が変わらないってどうなの。

リボ版はやっぱりカッコいいなぁ…。
20170429_Brocken_7.jpg
機関砲はリボ版プロテクトギアからぶんどったやつです。


そんなこんなで、部屋を片付けるべく要らないオモチャを処分してる一方でどんどん新発売のアイテムが増えていくのでプラマイゼロどころかマイナスですよ。


そろそろ模型モチベを上げていきたいところなんですがね…。
ではまた次回…。

タカラトミー 信号機ガチャ [雑記]

なんか、オモチャブログみたいになってきてますが…。

今回は、タカラトミーアーツより発売されて一部で非常に盛り上がっている、大評判のカプセルトイ「日本信号 ミニチュア灯器コレクション」です。街中にある信号機のメーカーと公式にコラボした、信号機のミニチュア版。
先日仕事帰りに某ヨドバシ店頭に立ち寄り、さっそくいくつかゲットしました。
20170330_ShingoGacha1.jpg
1回300円ということであんまり豪勢なことはちょと気が引けますが、とりあえず4回トライしてみたところ、2種2個ずつダブるという結果に…。

これぞまさしく正しい「課金ガチャ」ですかね!!!

余談ですが、こういうカプセルトイをどう呼ぶかって、しばしば話題になりますよね。
20170330_ShingoGacha2.jpg
自分の幼少時代は「ガチャガチャ」が通称でした。

で。
本物のメーカーとタッグを組んでるだけあって、造形はたぶんお墨付きなんでしょう、いい雰囲気です。
20170330_ShingoGacha3.jpg
バリエーションで、青または赤が点灯する仕様。
近年の(っても最早まったく近年でもなんでもないですが)LED仕様っぽく、レンズ面のつぶつぶなんかも細かく造形されております。

裏には電飾用のスイッチと共に、銘板が繊細な印刷で再現されており大変リアル。
20170330_ShingoGacha4.jpg
出来の良さもさることながら、そもそも「信号機」というメジャーでありながらニッチ、という題材に、その筋の方は大変なフィーバーぶりのようです。

かくいうわたしは別に信号機マニアでも何でもないんですが、電飾模型には「ちょっとウルサイ」上に、回転灯好きとしては信号機は当たらずとも遠からず的なシンパシーもあり、これは買わねばと思った次第。

なにより、車両用信号機はスケールが1/24なんですよ。
1/24といえば、カーモデルの標準スケールであるのはいうまでもないことですが、個人的にはやっぱりこちら!!
20170330_ShingoGacha5.jpg
やまとのイングラムと同スケールっていうのが重要ポイントです。
商品は本体のみですが、支柱なんかも作って並べるといい感じだろうな〜なんていう、毎度の妄想だけが先行してとりあえず買っちゃうパターン…。歩行者用は1/18だったりとスケールが統一されてないのはちょっと残念ですけどね。

で。
たぶん一部コア層によって壮絶な争奪戦が繰り広げられるに違いないと読んで、ちょっとチートですがセット売りの通販も注文しておりまして。
20170330_ShingoGacha6.jpg
全5種とりあえずコンプです。押しボタンもあるよ。
セット売りを注文しておきながらちゃんと自分でもガチャガチャするのがいちおうの美学…的な…。
個人的には「→」付きの車両用が一番ぐっとくるかんじなので、これだけもうちょっと欲しいんですが、皆さんのゲット報告を見てるとやっぱり一番レアっぽいんで難しいかな。

あるかないか分かりませんが、第2弾にも期待ですね。


で。
1/24の信号機といえば、実はこんなものも…。
20170330_ShingoGacha7.jpg
現在ではわりと入手困難な感じでしょうか?フジミから、1/24の信号機プラモが車両用セットとオプションの歩行者用と発売されており、どちらも確保しております…。
これもイングラムと並べようと思って買ったまま結局積んでるっていういつものやつ。しかも、各4個入りで交差点が作れますっていうボリューム満点キットなんですが、絶対4つも作らないよね。
これがデザイン志向のちょっとオサレなイマドキ形状なので、対して今回のガチャは「いかにも」感ある造形なのもまたポイント高かったりして。イングラムと並べるなら作品の時代感からしても、いまやちょっとレトロ感さえあるグレーの方がマッチしそうですよね。

で、このフジミのに回路を流用してやろうと、トミカの点灯ギミック付き信号機なんかも買ってあったりするんですけど…。はてさて。

あれこれ弄って遊びたいところです。
ではまた次回。

ROBOT魂 イングラム2号機 [雑記]

ROBOT魂 SIDE LABORから、プレミアムバンダイ限定のイングラム2号機。
20170325_RobotamaIngram2_1.jpg
1号機の出来にブーブーいいながらも予約してたのが届きました。

しかも1号機を買った人だけに購入シリアルが手に入った、指揮車とペイントガンが付属する限定版ですよ。パッケージのナンバリング表記は「SP」になってます。

配送用段ボールは専用印刷。
20170325_RobotamaIngram2_2.jpg
ちゃんと"INGRAM 2nd"って書いてあります。まぁ別に…って感じだけど。

冒頭写真の通り、今回もパケ写の再現を試みましたが相変わらず弄りづらい…。
ライアットガン構えてるのに右脚がつま先立ちってのも不自然極まりないんですが、そうしないと写真のポーズになりません。パケ写の元画像である公式サンプル写真だと、浮いた踵が見えないアングルで撮ってて、誤魔化し感が満点です。
1号機からちょっとぐらいは改善されてたりするのかと期待してなくもなかったんですが、全然思うように動かない関節も、すぐ吹っ飛んでいくシールドもそのまんまでした。

とりあえず全身。
20170325_RobotamaIngram2_3.jpg
1号機の時は個人的に違和感なかった、細身で人間よりのプロポーションが、2号機だとなんか違和感が禁じ得ない。鈍重なパワー系のイメージがある2号機では、特に下半身が貧弱に見えちゃうのかな。
ライアットガンのストック部は折りたたみ状態と延長状態が差し替え再現です。
細かいとこはヨソ様の「ちゃんとした」レビューサイトでご覧下さい(笑)。

2号機の立体化では珍しく、中の保護バイザーが差し替えで再現されてます。
20170325_RobotamaIngram2_4.jpg
クリアパーツの内側に塗装で表現されてるんで若干頼りない感じではありますが、そもそも前からじゃほとんど分かりませんよ。

横から見ると悪くない気もしつつ、なんか印象違う気もしつつ。
20170325_RobotamaIngram2_5.jpg
差し替えるには両耳を外さないといけないので、面倒で二度と差し替えない予感。

付属の98式特型指揮車は、1号機に付属してたものとはナンバーが異なり連番に。
20170325_RobotamaIngram2_6.jpg
これは細かいとこながら嬉しいですね。

そして目玉?のペイントガン。
20170325_RobotamaIngram2_7.jpg
成形色のせいもあって、非常にチャチい…。お菓子のおまけみたいです。

持たせてみる。
20170325_RobotamaIngram2_8.jpg
ふひひ。二度と出番がない気がします。

とまぁ、なんだかんだいいつつも、やっぱり1号機と並ぶとそれっぽくはなるんで、ぱっと見の印象は決して悪くないですが。
20170325_RobotamaIngram2_9.jpg
でも出来がいいかと言えばやっぱりそうは言いがたく。買い支えるという意思だけで買ってますけど、もう少し頑張って欲しいなぁ。
今後出るらしい零式なんか、派手な見得切りポーズがキマらないとなんで、関節構造は考え直して欲しいところ。

特に、1号機以来の足裏がフラットにならない問題は完全に設計ミス。腕部も脚部も、ひねり方向の回転軸が足りないのはイングラムのポージングには致命的です。どうもいまひとつ煮詰め足りないんだよな〜。
あとはもうデッキアップごっこが出来るようになるぐらいしかアドバンテージがない気がしますので、早くレイバーキャリア出して。2両買うから。

ではまた次回。

ROBOT魂 SIDE LABORシリーズなど [雑記]

早いモノでもう3月ですよ…。
お見せできる工作の進捗がないので、たまには市販フィギュアの話題で雑談。
パトレイバー関係のオモチャでいくつか動きがありましたね。

まずこちら。



ROBOT魂 SIDE LABORのサターン、まさかのパトカー付き!が案内開始になりました
正直、サターンには大して興味ないんで、本気で欲しいかといえばそこまででもないんですが、買い支えないと…ということで注文済みです。97式改のほうが欲しいんだけどなー、と思いながら。
どうせなら市販仕様より、第一小隊に試験導入された時のカラーリングの方がまだバリューあるんじゃないかという気がしますがどうでしょうか。


そしてロボ魂レイバーシリーズからはもう1点。
ファン待望の作業用レイバー・タイラント2000が、プレミアムバンダイ限定で受注開始です。
20170301_tyrantPB.jpg
(プレミアムバンダイ・商品ページより)
作業現場セット、ということで、これはなかなかプレイバリュー高そうですね。楽しみです。

充実していってるようでなんかラインナップに半端な偏りがあるような気もするロボ魂パトレイバーですが、参考出品どまりでなくちゃんと商品化されるだけで喜ばしいことです。レイバーキャリアはまだかのぅ…。

ただサターンとタイラント、プレバン送りにする方を間違えてる気がしますが…。


そしてそんな中…。
タイラント2000は、WFディーラー「道楽模型堂」さんの1/72モデルも所有しておりまして。
20170301_tyrant_2.jpg
WF2009夏で、このブルドッグを買った時に友人が購入したもの。積んでるのを知ってて一昨年の末頃に譲り受けたものです。
画像のとおり、記事にしていないお手つき群のひとつとしてゲート処理を終えてほぼ仮組み状態まで来てるので、あとはちゃちゃっと出来ちゃいそうですが、まぁそうはいかないんですなこれが。
でもロボ魂版が出る前には仕上げたいところですねぇ。

ではまた次回。

新お手つきなど… [雑記]

さて。
ようやく「夏休みの宿題」を終わらせましたが、既に「冬休みの課題」が出ています…。
そして言うまでもない仕掛かりの山。

が!

そんな中、またお手つきを増やしてしまいました。
20161205_001.jpg
レジンキット大改造とか、ダイキャストモデル大改造+プラ材スクラッチ、みたいなことが続いていて、たまにはフツーのプラモ作りたいな〜…なんて。
また放置の可能性大なので記事カテゴリも増やさずチラ見せに留めておきますが、まぁこのブログ見て頂いてる方には分かっちゃいますかね。

毎度だらだらと時間ばかりかけてしまうので、こだわらずサクッと仕上げることを覚えようと思ってます。余計な改造しなければ、プラモなんて組み立てて色塗れば完成すんでしょ?とか軽く考えつつ手を着けましたが、これはこれで意外と一筋縄ではいかない予感も…。


ただまぁなんですか。
早いものでもう12月に入りましたが、今年の目標は「今年こそもけいの完成品を増やす」でした。
毎度お手つきばかり増やしつつあれもこれも並行作業してるので、そのうち次々と完成する夢のような時期が訪れるに違いない、などとうそぶいておりましたけれども。この数ヶ月の間に、放置と再開を繰り返していた7年モノのガレキと3年越しのガレキ、そして2年の間作り続けていたセミスクラッチ品、と3つも完成品が出来上がりました。
手の遅い自分としましては、今年の目標を達成して余りあるのではないかと。

……先日アップした動画、見れば見るほど「あぁっ…!!」というミスに気付いて赤面の極みなんですけどね!

ふぃ〜…。


短信ですが、ではまた次回。

富山・撮り鉄&乗り鉄の旅 [雑記]

先週末、仕事と模型をちょっとお休みして、金土日の2泊3日で富山に行ってきました。
富山出身の出戻り鉄道ファンとして富山熱が日に日に高まっており、旅に出るチャンスをずっとうかがっていたのです。

いちおう模型ブログなんで旅行記とかだらだら書いてもね〜と思うので手短にまとめますが、そんなこといいつつ後日だらだら書くかも知れません。

一番の目的は「雄大な立山連峰をバックに疾走する地鉄電車の写真が撮りたい!!」です。
映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の美しい映像とか、撮り鉄界の皆さんの素敵な写真を見るにつけ、自分も撮りたいよう、と思ってたのです。写真下手なんですけど。

その結果がこちら。
161128chitetsu.jpg
(富山地方鉄道本線・上市-新宮川)
立山の冠雪は中途半端で田んぼは稲刈り終わってる、という時期的な微妙さはありますが、予報に反して運良く快晴で超絶きれいに立山連峰が見える中を走る雷鳥色の14760形を「それなり」に撮ることができました!! 嬉し〜!!
立山が観光パンフの写真みたいにくっきりはっきり見えることなんて、滅多にないんですよ。雲に隠れてることの方が圧倒的に多いです。ホントにラッキーでした。
もうちょっと離れて望遠で撮ったらもっと立山がおっきく見えたはずなので、そこが残念ポイントではありますけど。


他にも地鉄の超有名撮影スポットをいくつも回りまして、へっぽこ失敗写真を大量生産しながら少しは見れる写真も撮れましたのでとりあえず数点。
161128chitetsu1_1.jpg
(富山地方鉄道本線・越中荏原-越中三郷)

161128chitetsu1_2.jpg
(富山地方鉄道本線・越中荏原-越中三郷)

161128chitetsu1_3.jpg
(富山地方鉄道本線・上市-新宮川)

161128chitetsu2_3.jpg
(富山地方鉄道立山線・千垣-有峰口)

161128chitetsu2_4.jpg
(富山地方鉄道立山線・本宮-立山)

ただでさえ鉄道写真は奥が深いのに、一眼レフを満足に使いこなせてないんで、次の機会があるまでにもっと練習したいですね。

で、3日間あちこち巡って撮ったり乗ったりしながらかなりハードに動き回った結果、脚がバキバキになりました。日頃の運動不足が…。でもすごい楽しかったです。鉄コレの地鉄シリーズもちゃんと弄らないと…。

いいリフレッシュになったところで、「宿題」を片付けねばデス。
ではまた次回。

ROBOT魂 イングラム1号機 [雑記]

それなりに楽しみにしていたROBOT魂 SIDE LABORのシリーズ第1弾、イングラム1号機が届きました!

さっそくウキウキ開封〜。
20161027_RobotamaIngram_1.jpg
造形的には、サンプル展示で見てた印象どおり、悪くありません。
いいんじゃないの〜?ってのが第一印象でした。
関節にいろいろと工夫が見られて、どうしても難儀なレイバー特有の構造を再現するのに試行錯誤した結果が見てとれます。

が…。
20161027_RobotamaIngram_2.jpg
ポージングあれこれ弄ってたらなんかストレス…。
パケ写のポーズをとらせるのにもひと苦労ふた苦労。

いじりづらい!!!!!

そもそも、マトモに立たせることがちょっと難しいです。
なんだろな〜と思ってたんですが、つま先に可動が仕込まれてるのがアダとなって、足裏をちゃんとフラットにすることが出来ません。設置性が悪すぎる。個体差なのか仕様なのかは分かりませんが…。
そして、これはある程度は仕方ないとは思いつつ、弄ってるとあっちがぽろりこっちがぽろり…。

イライラするっ!!!!

銃の収納とか差し替えパーツでのギミック再現とかは必要十分ではあるんだけども。
20161027_RobotamaIngram_3.jpg


付属の指揮車。
20161027_RobotamaIngram_4.jpg
アンテナのこの解釈はあんまり好きじゃないんですが、パトライト部がクリアパーツになってるのは回転灯好きとしては好印象。かわいい。

ポージングがややテキトーですが、リボルテックの劇場版と並べてみました。
20161027_RobotamaIngram_5.jpg
リボはやはりハッタリ感がだいぶ強いですねぇ。
こうして並べると、そこそこいい感じにみえたロボ魂版も、「いかにもバンダイ」というプロポーションに見えてきます。対するリボは「いかにも海洋堂」なかんじ。
リボは「カッコいいポーズは決めやすいけどモノシャフトの制約が多くて難儀」というのがひとつの通説ですが、比べて見るとむしろ弄って楽しいのはやっぱりリボかなぁ…。
リボルテック版イングラムは、最初に出たものと比べて「劇場版」としてリニューアルされたものではかなり関節部が改良されていて、肩や手首の角度がイングラムのカッコ良さにとっていかに重要かが反省点として見事に盛り込まれています。
が、その点今回のROBOT魂版イングラムは、あれこれ工夫してる割にはそれが全く効果を発揮していません。後発なのにね。

う〜ん…第一印象から一気にネガティブモードに………。
造形は悪くないんですよ。頭部ヘッドも自分の理想イメージとそう離れてないので。クリアパーツの使用も好感ポイント。
でも可動フィギュアとしてはちょっとどうなんでしょうねぇ、って感じです。


シリーズ第2弾となる2号機、なにやらペイントガンがもらえるキャンペーンがあるようですが、ペイントガンつけるなら、パトライトを取り外した模擬戦仕様の肩パーツが必須なのでは?
20161027_RobotamaIngram_6.jpg

正直、2号機も買うかどうか、躊躇します。
でもレイバーシリーズの展開は頑張って欲しいので、買い支えないと…という思いもありつつ…。
まぁ、予約しますけどね。

いまひとつ消化不良。迷ってる方には、正直リボルテックをお薦めします。
ではまた次回…。

「パトレイバーREBOOT」公開 [雑記]

ついに本日、「機動警察パトレイバーREBOOT」が公開になりました!
ということでさっそく観てきましたよ。

20161015_patreboot.jpg
機動警察パトレイバーREBOOT公式サイトより

「日本アニメ(ーター)見本市」のフォーマットに則った形の約10分の短編ではあるものの、まさにファン待望の新作アニメ映像。
予告の時点で、映像的なクオリティの高さや描かれるシチュエーションにはワクワクが高まる感じが溢れていましたが、そのワクワク感が全編に渡って続くなんとも幸せな作品になっており、大満足です!

次なる展開があることを期待したいですねぇ。

劇場販売BDも買っちゃおうかなと思いましたが、公式通販で予約済みなので我慢。来週までお預けです。BDはお値段が非常識で一部批判を浴びておりますが…この売り上げで何かが変わるなら安いモノじゃありませんか。パトレイバーのファンなんて大抵がいい歳してそれなりにお金は使える人たちでしょうしね。
ちなみに、TNGP公式デッキアップ班の姿も見えた新宿バルト9は、見事に(ワタシも含め)おっさんばかりでした(^^;

で、この「REBOOT」、観るとまたレイバーキャリアの模型が欲しくなる内容なんですよねぇ。ロボ魂版、出ないかな〜。

ではまた次回。

全日本模型ホビーショー2016行ってきました [雑記]

既に各所でレポート記事が上がってますのでいまさら…ではありますが。
20160925_HS01.jpg
日曜、毎年恒例のホビーショーに行って参りました。
関東はぐずぐずな天気が長らく続いてた中、久々に晴天が広がった気持ちの良い行楽日和でしたね。

なんといっても今回の目玉はこれ!
20160925_HS02.jpg
ロボット魂のレイバーキャリアです。
「参考出品」なので、バンダイお得意の参考出品どまりな可能性は極めて大ではありますが、今はプレバンてものもありますし、何らかのカタチで実現するといいなー。

アニメ版のキャリアもいつか作ってみたいアイテムではあったんですが、いざ作るとしても1/60サイズ?リボサイズ?はたまたロボ魂合わせ?MGサイズはでかすぎるよねぇ…?とか常々思っておりました。
ロボ魂サイズで出るならそれはそれで大歓迎です。

ただ…。
20160925_HS03.jpg
時に2車線を占有したりもする異常な車幅に関しては劇中でもかなり作画のウソが満載で、登場カットごとにスケール感が定まらないのがこのキャリア。

いざ立体化されてみると、イングラムとの整合性でいくとこうなるよね、という納得感はあるにはあるのですが、イメージ以上に「箱」感あるな、と。
20160925_HS04.jpg
もっと前後方向に長めの、トレーラーらしいプロポーションのイメージが自分的にはありました。
ただでさえロボ魂イングラムはわりとすらっとしてるので、それに合わせてこうなるってことはやっぱり元の設定にだいぶ無理があるんでしょうかねぇ。

何にせよ、商品化されるだけでも嬉しいので、期待です。


以下、毎度の超偏ったレポート。

「つっこんだら負け」な「食玩」。
20160925_HS05.jpg

ピットロードの陸自誘導弾トレーラー。
20160925_HS06.jpg
1/72のくせに超精密でお値段もびっくりでした。
あんまり自覚してませんでしたが、こういうトレーラー系がそもそも結構好きみたいですわたし。

タミヤからは1/48で陸自のラインナップが充実する模様。
手頃なサイズなんで、今後のさらなる展開も含めて期待です。
20160925_HS07.jpg

異色なところではプラッツの「盆栽」キット。
20160925_HS08.jpg
針葉樹の葉の部分は成形時に植え込まれてるとのこと。バンダイにも負けない超技術!?

マックスファクトリーのフィギュアプラモシリーズは、現物を見てこんなに小さいのかとびっくり。
20160925_HS09.jpg
あえて撮影してる人の手を入れ込んでみました。マジ手の平サイズで超絶ディティールですが、デカールとか貼るにも超絶技巧が要るのでは…。

会場の一角では情景師アラーキーさんの作品展も。
20160925_HS10.jpg
Webで見てた超絶ジオラマが多数展示されてて、初めて実物を見られて眼福なものばかり。


そんなこんなで、イベント全体としてはそこまで目玉アイテムがあるわけでもありませんでしたが、個人的には大注目のレイバーキャリアを中心にあれこれ見どころはあったかな、という感じ。

なんだかんだで行けばそれなりに楽しめるものですな。
鋭気を養ったところで、工作の続きに励まないとです。

ではまた次回。

近況報告という名の散財記録 [雑記]

またちょっとご無沙汰しちゃいました。
このところちょっとシゴトが忙しく、休日も工作する元気がなかったり。いろいろストレスの溜まることも続きまして、そうなると買い物依存じゃないですが散財に走りがちなんですよね。

近況報告、というほど直近のことばかりではありませんが、散財記録を書き散らしておきます。
まただらだら記事なんで、続きは畳んでおきます…。

続きを読む