So-net無料ブログ作成
道楽模型堂1/35ヴァリアント ブログトップ

ヴァリアント-4:全体像(仮) [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

鋭意制作中のレイバーキャリアがちょっと中断気味な中、積みプラをパチ組みしてみたりお手つきキットをいじってみたりしておりますが。

道楽模型堂さんのヴァリアント、なぜか放置していた腰の関節ジョイントを取り付けまして、ほぼ仮組みが終わっていた全身をなんとなく組み上げてみました。
20150914_variant1.jpg
ホント超仮組みで恐縮ですが。

かっこい〜…。

肝心のパトライトをはじめまだ付いてないパーツもあれこれありますが、いちおう五体満足な感じにはなっております。一部ゲート処理が中途半端なところを仕上げたらあとはもう塗って組むだけって感じのところまで来てはいるんですけどね。

はー。
最近シゴトがらみであれこれありまして、なかなかモケイ作りにテンション上がらない一方でストレス解消をモケイに求めてたりもして、迷走中です…。

ヴァリアント-3:仮組み続き [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

いやーもうずいぶん長いこと中断してしまいましたが。
久々に道楽模型堂さんのヴァリアント続き。

トレーラーの仕上げがちょっと一進一退状態なもので、なかなかテンション上がらず、ついつい他キットに手が伸びてしまう状態。
加えて、先日のWF以来、積みガレキをあれこれ組みたい衝動がどうしても抑えきれず、といったところ。

やっと、頭部ヘッドがつきました。
20150809variant_a.jpg
イケメンですなぁ。

なんで長らく中断してたかといえば、この頭部パーツが原因の一つだったりして。

中断当時、レジンキット自体は初体験ではなかったもののまだ慣れてなかったので、頭部みたいな重要パーツでゲート処理しくじったらどうしようとあまり自信が無く。
かつ、クリアパーツは万が一失敗したらリカバーが困難なので、なおさらびくびくしてて、どうしても着手する勇気がなかったのでした。

その後あれやこれやとお手つきキットの山を築きながら、フルスクラッチに近い改造作業にも手を染めるようになり、金属パーツすらごりごり削ったりぶった切ったり平気でできるようになりましたので、今ならできる!と。

やっぱこう、形になってくるとテンションあがりますな。
ではまた次回。

ヴァリアント-2:引き続き仮組み中 [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

ヴァリアントの仮組みは上半身に突入。

ハッチの開閉ギミックが再現されているのですが、タイトな精密設計に成形が追いついていない感じで、レジンの収縮による微妙な歪みのせいで細かい調整にかなり時間を費やしました。
さらに細かいヒンジ部分が大きな気泡で成形不良になっていたりもして、瞬着を盛りつけてどうにか再形成。

あちこち合ってない気もしつつ、各パーツの造形自体はしゃきっとしてるので、ぱっと見ではそれなりにイイカンジに組み上がりました。
20130831variant_a.jpg
細かい可動ギミックとか、正直面倒な部分もあるのですが、いざ組み上げてみると緻密なパーツ構成にはニヤニヤしてしまいますね。
すごく、いいかんじです。

この勢いで全体を組み上げるところまで行きたいところですが、ハッチ周りの調整でかなりくたびれたのと程よい気分転換になったので、ヴァリアントはいったん保留にして、イングラムヘッドの作業に戻ります。

ヴァリアント-1:仮組み中 [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

イングラムをいじるのに飽きかけたので、またお手つきキットを増やして浮気中です。

20130827variant_a.jpg

WFディーラー「道楽模型堂」さんの1/35ヴァリアント。
ヴァリアントは、いうまでもなく「機動警察パトレイバー2 the movie」に登場する警察用パトロールレイバーです。
劇中ではろくな活躍がないままぼろぼろに破壊されるのみという不運な機体ですが、後継機だけあってイングラムを踏襲しつつもスッキリとしたデザインがいかにも新型でかっこいいです。

最近流行のデジタル造形を駆使したキットということで、各パーツが非常にカッチリしており、また組みやすさを意識したパーツ構成で、難物のイングラムヘッドモデルのあとだとその違いを特に強く実感します。

特に改造とか一切考えてないので、ちょこっとずつ合間に進めていけばさくっと出来上がる…ハズ!?
道楽模型堂さんのキットは、最新作のヘルダイバーも積んでるので早く作りたいです。
道楽模型堂1/35ヴァリアント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。