So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ヴァリアント-11:細部仕上げ [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

ラストスパート引き続き。って…ラストスパートの続きってなんやねんてハナシですが。
いろんなアラには目をつぶりつつ、細かいとこアレコレ仕上げて参ります。

ステッカーを自作しました。
20190813_variant1.jpg
ナンバープレート。

設定画では微妙に横長なんですが、キット付属のデカールやパーツの造形もそれに準じてて、ちょっと気になったのでここはアレンジ。
20190813_variant2.jpg
リアル寄りな感じにしてみましたよ。キットのモールドを覆う形でt0.3のプラ板で作成したプレートにステッカーを貼って取り付けました。

腰部リアのライト類にはHアイズをあしらいまして、けっこういい感じじゃない!?
20190813_variant3.jpg
って思ってたんだけど写真撮ったのを見るとアラが目立つな…。肉眼だとほどよく雰囲気出てるんですよぅ。
塗装済みのHアイズ(φ1.8mm)をピンセットで吹っ飛ばして超焦ったりもしましたが、ものの数分の捜索活動で発見できたのは奇跡的でした。

ダクト類など細かいパーツを接着したら接着剤がはみ出して塗面を汚してしまったりして相変わらずの一進一退ぶりですが、どうしても気になる箇所はリカバーしつつ。フィギュアはつや消し吹いたし、クリアレッドが溶け出したパトライト周りもできる限り修正しました。

あとちょこっとだけ作業は残ってますが、今度こそ完成目前ですよ!!
ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァリアント-10:ラストスパート [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

連休ってこともあり、8/10パトレイバーの日もあり、テンション上がってるところでいよいよラストスパート!!

墨入れしました。
20190812_variant1.jpg
う〜ん…。
写真じゃ分かんないですが細かいとこあれこれキレイにいっておりませんが、もう気にしない。
ボディ周りの塗り分けがほんと大変でして、マスキングに塗膜持ってかれること幾度…。リカバーに次ぐリカバー。しかも、なんか濃いなと思ったら正解じゃないグレーを吹いてたりする始末。
都度仮組みしてるうちにまたあちこち剥げておりますが、どうにかこうにか体裁は整いました。
モールドに色が入るだけで情報量上がるんで雰囲気アップです。

と、思ったら。
20190812_variant2.jpg
ぎゃー!!
クリアレッドを発色させるのに厚吹きしたところにクリアコートをごってり厚吹きしたらクリアレッドが溶け出した…って感じでしょうか…。
なんかもうリカバーするのも疲れてきました。


一方、紛失してしまっている旭日章パーツ。
前回書いた通り、同じ道楽模型動さんの1/35イングラムのキットを積んでおりますので、そちらのパーツを複製する作戦です。
おゆまるチャレンジ、ポリパテを詰めましたところこれが随分とうまくいきました!!
20190812_variant3.jpg

インスト通りセンターは真鍮線を通しまして、なかなかの精密度。
20190812_variant4.jpg

塗装してこうじゃ。
20190812_variant5.jpg
やっぱキモのこのパーツがうまくいくだけで、他の失敗もカバーできるような気が。


そしてフィギュアなんかも塗装してみますがこっちはまぁ…お察しの出来。
20190812_variant6.jpg
ちまちま筆塗りしましたが、こういう細かいとこほど実はエアブラシで吹いた方がキレイにいくんですよね。って分かってるのになぜやらない。


コックピットのハッチオープンのギミックは、仮組みして動かしてみる度に塗装が剥がれます。
こうなると完成後に開閉することはほぼないでしょうから、今のうちに記念撮影〜。
20190812_variant7.jpg
う〜ん!!よく出来たキットです!
工作の出来映えは別として…。
あ…フィギュアにつや消し吹くの忘れてるわ…。


そんなこんなで、一進一退というか満身創痍というかですが、いよいよホントにあと少しで完成です!!
…多分。

ではまた次回。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァリアント-9:仮組み [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

やっぱり天気がいいと気分もいいしモチベーションも上がりますね。

てなわけでここんとこ頑張ってちょこちょこ塗装を進めております。
主な塗り分けはだいたい終わったので、やらかしたところのリカバーをしつつ、いけそうなパーツはクリア吹き。なんとなく揃ってきた感じがしましたので、一旦仮組みしてみました。

どや。
20190807_variant1.jpg
やっぱ、仮組み大事だなーと。
1/35スケールって、改めて見るとけっこう存在感あります。
パーツ単位では気になって仕方ない失敗とかもう分かんないでしょこれ、っていう。

実際、部分的にはほぼ完成してはいるんですが、胴体まわりの塗装がもうしばらくかかりそう。
構造的にも造形的にもフクザツなもんで、マスキングして失敗をリカバーしたと思ったら吹き込んでしまって逆マスクしてまた吹いて、みたいなことの繰り返しです。

とはいえ、全体像が見えてきました。
20190807_variant2.jpg
完成が近づいているのを感じますよ。

あと残ってる主な作業としては…
・メインカメラバイザー塗装
・首とコクピット周りのメカ色修正
・ハッチ周りのクリア塗装
・パーツ裏のグレーアウト
・墨入れ
・細部パーツ接着
ぐらいですかね。

と言いつつ、ずっとナイショにしてたんですが非常に重大な問題がひとつありまして…。

旭日章のパーツを紛失しています…!!

イングラムのキットがあるんでそちらから複製してやればまぁなんとかなるでしょ、と、そんなに深刻には考えてないんですがいやはやです。
アクトロスの時もベンツのエンブレムを無くしかけたし、どうしてこう大事なパーツが行方不明になるんでしょうねぇ…。これ絶対無くしたらいけないやつだからちゃんとしとかないと…とか考えた記憶はあるんですが、考えた結果どうしたのかをまったく覚えておりません。困ったものです。
ひょっこり出てきてくれるといいんですが。

てなわけで、完成目前ではありますが、もう少しかかります。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァリアント-8:塗り分けとかデカールとか [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

絶好の塗装日和が続いておりますので、停滞してたお手つきを進めます。

えいやで塗装し始めたヴァリアントですが、アレコレと粗が発覚してちまちまリカバーしながらで思うように進展しません。なので、割り切っていけそうなところからマスキングしてガシガシと。
20190804_variant1.jpg
めんどくさがりなので、マスキングはあんまり好きではありません。
剥がすのは楽しいんだけどね。

てなわけで、あれこれ塗り分けました。
20190804_variant2.jpg
やっぱ、白黒ツートンが見えてくると俄然テンション上がりますね。
マスキング下手すぎて塗り分けラインがガタガタだったりしますが。

ここまできたら、ということで、塗り分けたパーツからデカールも貼っちゃう。
20190804_variant3.jpg
いかんせん頒布からだいぶ経ってるキットなので、デカールの劣化が懸念されましたがなんなく貼り付け出来ました。
情報量が増えるのでまたまたテンションアップ。

とはいえ、な部分は相変わらずで。
20190804_variant4.jpg
塗り分けラインがずれてるし、マスキングの隙間から吹き込んでます。
おっかしーなー、さすがにここまで塗装ヘタではないハズなんですが。

マトモなモデラーさんでしたら、ここまで来てたら1日で完成までいけそうなもんですが、もうしばらくかかりそうです。
ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TOMIX キハ58・28 高山色 [北陸本線の模型]

先日の記事(→LINK)でも触れました、JR西日本商事・トレインボックス限定のTOMIXキハ58・28(高山色)セットのご紹介です。
20190803_tomix_kiha58_1.jpg

なんと!まだ買えます!!(→トレインボックス商品ページ)
う〜ん…もっと人気あると思ったんですが、地元補正が強すぎたようで…。実際にはごく一時期のマイナー塗装ということで想像以上に人気がないみたい?
いや、大人気を見越して大量に用意してくれたんだと考えましょう(^^;

発売開始直後に注文したもんで最速で届いていましたが、世の中いろいろあったりして記事にするのはちょっと遅くなってしまいましたが。

ばばん。
20190803_tomix_kiha58_2.jpg
鮮やかな緑色に大胆なクリーム色の太い帯。いいですねぇ〜。
斬新でスタイリッシュな雰囲気もありつつ、一方では「THE・ローカル線」的な趣もありつつ、2両編成ってところがまた絶妙な雰囲気です。

さんざん言ってるとおり富山出身者なもので、富山の車両は思い入れがあるんですが、中でもこの高山線色は時期的にもわりとドンピシャ感あって。
中学高校時代、高山線をオーバーパスする幹線道路(片側1車線)をチャリンコで爆走しながら通学していました。運行本数が少ないですから、運良く列車と交差することなどまずなかったんですが、この車両で通学してる同級生も多数いましたね。って、自分は乗ってないんかーい!!というハナシですがそこはまぁ。

今や新幹線開業と併せた大改装で富山駅も当時とはすっかり様変わりしましたが、その昔はなぜかナンバリングのない「西ホーム」なる切り欠きホームが高山線の発着の場でした。
そんなことも含めて、「ならでは」っぽい独特の雰囲気と一緒に記憶に残っているのがこの高山線色のキハというわけです。ほとんど乗ったことないけど!

JRにおけるキハ58系の定期運行で最後の最後まで残ったのが高山線らしいですが、元地元民としてはなんか嬉しい気分も。
20190803_tomix_kiha58_3.jpg
それぞれサイドビュー。特定編成ということで車番は印刷済みです。
再度国鉄色に塗り替えられたりした後、退役した片方はいすみ鉄道に譲渡されて元気に活躍しているようですね。
ただ、ドア下部の丸窓なんかは実車では埋められていましたし、詳しい方によればそれ以外も細部があれこれ実車とは異なるようなのであくまで「タイプ」ということになるようで。
それでも、こうしてちゃんと商品化されたことは嬉しい限り。発売されなかったら自分で塗り替えようと思って国鉄色を確保してありますが…、併結して遊びますか。いろんな塗色の車両が入り交じって運用されてた(らしい)のも富山方面のキハ群の面白いところです。

ご覧下さいこの凜々しいお顔。
20190803_tomix_kiha58_4.jpg
気動車は本来専門外ではありますが、やっぱりTOMIXのキハはいい造形してますね。


そして、高山線の車両といえば、大昔に作った思い出のもけいがウチにあるはずなんですが、ここにしまってある!という箱を開けたらなぜかなくてですね…。
あんな思い入れ満点の懐かしコレクションを捨てたとは思えないんですが、何度目かの断捨離を決意した時に勢い余って捨ててしまったのだとしたら後悔ハンパないです。
見つかるといいんですがちょっと望み薄でしょんぼりしている今日この頃です。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ワンフェス2019夏・パトレイバー系レポ [雑記]

はい、先週末はワンフェスでした。
今回は自作の出展は1回お休みとしましたので、D参加ながら売り子お手伝いのみと気楽なもんで。
とはいえ色々見てると、やっぱり自分もなんか出したいな〜と思うものです。

そんなこんなで、恒例のパト系偏向レポ。

お馴染み「道楽模型堂」さん。(@mokichiz)
新作はリアクティブアーマー版イングラム。1/35です。
20190728wf2019_1.jpg
イングラムのデザイン自体は劇場1以降ほぼ変わらないものの、作品ごとに設定画のプロポーションが微妙に異なってることを踏まえ、既存のTV版キットを流用せずRAパーツ以外も新設計の模様。
ちょっとお顔周りが自分の好みとは違うのですが、毎度毎度、出渕設定の解釈に真っ正面から向き合ってる造形スタンスには頭が下がりますね。
サムソンやピースメーカーなどの再販もありました。


いつも精密造形のキットを出されてる「EBO」さん。(https://ebo3d.jimdo.com)
卓がすぐ近くだったので楽しみにしてましたが、行ってみたらこの有様。
20190728wf2019_2.jpg
なにかトラブルがあったようです…。
「君のところのレイバーはなぜ寝たままなんだ!?」再現?

閉会間際になって、ようやく形が見える状態になっていました。
20190728wf2019_3.jpg
これはナニ仕様…ですかね?っていう旧OVA版とTV版のあいのこ状態のイングラム2号機と、コミック版AVS-98。1/72スケールということで小サイズながらカッチリできてるようなのですが、いかんせん展示状態がちょっと残念でした。
ヘルダイバーもありましたので、次回また出展されるようでしたら、ちゃんとした状態で見てみたいですね。


前回もご紹介した、「FHI VS J@XA」さん。(@COSUGI_Y)
20190728wf2019_5.jpg
1/144ヘルハウンドの「Ver1.2」が出展されてまして、コクピット周りの造形が進化してるっぽい。
そして、ちょっと見づらくて恐縮ですが写真左上、劇場版1の冒頭でおなじみの陸自スカウトヘリが新作で。実はこのヘリ結構好きなんですよねぇ。ということで、1機ずつお買い上げ。
ヘルダイバー輸送機の再販もありました。


そして初参加とのこと、「FloatJelly」さん。(@floatjelly)
20190728wf2019_6.jpg
コミック版から廃棄物12号、というマニアックすぎるチョイス。
某怪獣映画のいわゆる第2形態を思わせるところもありつつ、いい感じにグロい素敵造形でした。眼福。


ほか、いくつか前にもお見かけしたディーラーさんも再販で参加されてたようで、パト系ディーラーさんはそれなりに健在、って感じでしたでしょうか。


そして、企業ブース。
注目のアオシマさんイングラム、展示はシルエットのパネルのみでしたが、スケールが発表になってましたね。
20190728wf2019_7.jpg
1/43ということでミニカー界隈では標準スケールですが、レイバーとしては既存のどのラインナップとも異なるサイズで合わせづらい。自社で車両系もラインナップするプランがあったりするんでしょうかねぇ…。
うちにも何台かある警察車輌系ミニカーブランド「RAI'S」は1/43ですが、その辺を意識してるんでしょうか?

あとは、昨年のパトレイバー展でも展示されていた「threezero」の1/35イングラム試作品。
20190728wf2019_8.jpg
先日別のイベントでお披露目されてたらしい2・3号機と一緒に並んでましたが、これが意外と悪くなくてですね。

パト展で見た時は「トサカの分割が全然イケてない」と評した気がしますが、改修されてました。1号機のアタマはだいぶ作り直してるのでは。
20190728wf2019_9.jpg
ちょっと首が埋まり気味なのが気になりますが、2号機・3号機のほうはそうでもないので、まだまだここから手が入る感じですかね。

20190728wf2019_10.jpg
全身のプロポーションもバランスをちょっと弄ってるような印象でしたが気のせいでしょうか。いずれにせよ、以前よりぐっと好印象です。
いかんせんお値段がそれなりなので、手を出すかどうかは迷うところではありますが。


そんなこんな、ワンフェス2019夏でした。
積んでるキットに思いを馳せながら、毎度ながら直後は造形モチベがちょっと上がってなんでも作れる気がしてしまうフェーズに入っておりますがはてさて。

梅雨とは言え異常なほどの雨続きだったのが途端にとんでもない猛暑に見舞われておりますが、模型的には塗装しやすい気候になりましたので、お手つきキットにも進展が期待できるのではないでしょうか(他人事)。

ではまた次回。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

[Bトレ]BR4・キハ58系 高山線色 [北陸本線の模型]

梅雨真っ盛りでしてなかなかお手つきキットの塗装が進みません。
というわけで、久々にでんしゃです。否、気動車ですケド。
そして相変わらず記事カテゴリ違いな感じではありますがまぁ気にしない。富山とやま。

例によって、もけいの新商品発売にかこつけて手持ちの模型を紹介するシリーズです。
今回はこちら。
20190716_kiha58_1.jpg
Bトレインショーティー ベストリピートパート4、キハ58・28高山色。

このほど、JR西日本商事のトレインボックス限定商品として待望のNゲージ化(→LINK)されましたね。
20190716_kiha58_2.jpg
トレインボックス限定商品としては何度か富山エリアのキハ58・28のカラバリが商品化されてまして、いくつかは未だに中古でもプレ値状態で、毎度ネット通販は瞬殺かつイベント販売は始発で並んで整理券ゲット…みたいなハナシもよく聞くわけですが、最近は転売屋が横行しすぎてることに配慮してか需要に共有がまったく応えられてないことに気付いたのか、ある程度は在庫を潤沢に確保してるようです。
本日午前10時のネット受注開始ジャストに申し込んだのですが、今現在まだ買える模様。欲しい人がちゃんと買えるのが喜ばしい一方で、高山線色はマイナー過ぎて人気がない説も…。個人的にはドンピシャすぎて絶対欲しいやつだったのですけど。


ハナシを戻して。Bトレ版。
20190716_kiha58_3.jpg
こちらは今となってはなかなか出物がありません。
Bトレをジャンルとしてどう捉えるかはそれぞれあるかと思いますが、鉄道模型であると同時にやはりキットである以上は未組み立て状態で手にしたい派です。一度組み立て済みを入手してたのですが、運良く未組みモノをそこそこな値段で入手できたので組み済みは再度リリースしたりしてました。
で、せっかくゲットしたものの、もったいなくて組まずに積んでたのですがこの機会に組んでみましょ、ということで先日ようやく手を着けました。

パッケージでもフィーチャーされてて嬉しい限り。
20190716_kiha58_4.jpg

さくっと完成です。
20190716_kiha58_5.jpg

ローカルな2両編成、走らせて遊ぶにもお手頃な感じですが、あれこれ車両を入手してはいるもののなかなか走らせる機会がなくてですね…。
20190716_kiha58_6.jpg
とりあえずは無可動台車で。

実車についてのどーでもいい個人的思い入れなんかもありますけれども、その辺のことはNゲージ版が届いたら改めて語りましょうかね。
ではまた次回。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1/24道路標識ガチャ [雑記]

梅雨の晴れ間とやる気スイッチがなかなか同期しない今日この頃。
珍しくその気になった途端に塗料が切れたので小雨の中ヨドバシへ行って、また面白いものを見つけてしまいました。

てことで毎度の課金ガチャ。
20190630_gacha1.jpg

ナカミこんなかんじー。
20190630_gacha2.jpg

1/24 THE 道路標識、ルート2だそうです。定価は一個200えん。

1/24スケール THE 道路標識 ルート2 [全10種セット(フルコンプ)]

1/24スケール THE 道路標識 ルート2 [全10種セット(フルコンプ)]

  • 出版社/メーカー: スタンドストーンズ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


「ルート2」ってことは第2弾!?と調べたところ、第1弾よりバリエーションがちょっと追加になってるようですね。

3回回してみて、引きはこの3種。
20190630_gacha3.jpg
1/24といえば伝わるでしょうが、サイズ感はこんな感じです。

言うまでもなく1/24はカーモデルの標準スケールですから、当然ながらクルマのプラモと並べるにはもってこい。
20190630_gacha4.jpg
なかなかいい小道具ですね。

1/24の道路標識といえばフジミのアクセサリーキット↓

フジミ模型 ガレージ&ツールシリーズ No.10 1/24 道路標識セット市街地用 プラモデル GT10

フジミ模型 ガレージ&ツールシリーズ No.10 1/24 道路標識セット市街地用 プラモデル GT10

  • 出版社/メーカー: フジミ模型(FUJIMI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー


が既存ですが、ガチャでこのクオリティなら気軽に楽しめてとってもお手頃ではないでしょうか。

てことでではまた次回。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アオシマさんの車ガチャ2種 [雑記]

もう一週間以上前の話なんですけど、久々にヨドバシのガチャガチャコーナーに足を踏み入れまして。

まわしてきたのがこちら。
20190623_gacha.jpg
アオシマさんのハスラーとジムニーです。

ジムニー、旧型のやつは絶対欲しい!!って思ってたのに気付いたらとっくの昔に終わってて。新型よりは旧形のほうがやっぱり「ジムニー感」あるので残念ですが、新型のデザインも嫌いじゃない。
どちらも塗装クオリティはガチャなりではありますが、安価なミニカーとしてはよく出来てると思います。さすがアオシマさん。
カラーリング的には青もオレンジも好きな色なので、引きとしてはまぁまぁですかね。

ガチャって、油断してるとスルーしてしまいがち。たまたま遭遇して、っていう一期一会なのもまたいいですけど、もうちょっとアンテナ高くしておきたいところです。

と、小ネタで繋いでみたりして。
梅雨入りした割には晴れてる日が多かったりする関東地区ですが、土日になると崩れるのほんとなんなの…。
塗装があんまりはかどってませんが、ちょっとずつ、ちょっとずつ。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヴァリアント-7:塗装開始! [道楽模型堂1/35ヴァリアント]

すっかり梅雨入りの関東。
先週末、土曜は大荒れでしたが、日曜は打って変わって快晴で絶好の塗装日和でした。
こりゃ吹くしかないでしょ!

ってことで、いろいろ割り切って強引に塗装フェーズに入りました。
20190617_variant1.jpg
表面処理が行き届いてないパーツもアレコレあるんですが、とりあえずいけそうなとこから。
こういういきあたりばったりなコトしてるとまたパーツごとに発色が揃わなくて頭抱えることになるんですけど、やれる時にやらないと終わらないからね。

やっぱり色が付くとそれっぽくなるなー!とテンション上がるんですが、毎回塗るのが白・灰・黒、とモノトーンばっかりなのが…。
で、わーいわーい!とばかりに仮組みしてみたら塗膜のクリアランスが確保できてないところがズルズルと剥がれてきてあちゃー!ですわ。

でもちょっともけいモチベ上がってる感あるので、引き続きこの勢いを維持したい所存デス…。
短信ですが、ではまた次回。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -