So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

タカラトミー 信号機ガチャ第2弾 [雑記]

以前第1弾をご紹介しました、「日本信号 ミニチュア灯器コレクション」、第2弾として「続・ミニチュア灯器コレクション」が発売になってますね。
20180821_SignalGacha.jpg

楽しみにしてたクセに出遅れたので、とりあえず通販でセット売りを確保しました。
ポリシーとしてちゃんと店頭でもガチャりたいですがまだ間に合うかな?

わりとオーソドックスだった第1弾に比べ、続編ということでひねりの効いたラインナップになってます。
雪国出身者にはアツい縦型がまず目を引きます。そして出戻り鉄としては鉄道用信号もまたアツい。さらにはこの歩行者用信号、青の点滅仕様!!これまたアツい!!
近代的な黒仕様もカッコイイし、なかなか見かけない縞々警戒パターン仕様もいいですねぇ…。

これはいいものですよ…。

と、カンタンにオモチャネタでした。
ではまた次回。
nice!(1)  コメント(3) 

イングラム2号機-16:各部パーツとか進捗 [彩工家 イングラム2号機]

もけいモチベが高いんだか低いんだか。
そんな今日この頃です。

細かい各部パーツを順番に片付けています。
カメラアイとか。
20180819_Ingram2_1.jpg
シリーズの1号機や3号機とは根本的に造形が異なっていますが、2号機ヘッドは何かと特殊なんでこれもまた味ですかね。
インストではラッパ状の市販バーニアパーツを使うよう指示がありましたが、好み的に1号機でも使ったフラットな丸バーニアをあしらいました。再三書いてる通り、このメインカメラ部に関しては画稿によって形状が千差万別なので、なんでもありですわ。

で、「中の人」状態だとこんな感じ。
20180819_Ingram2_2.jpg
中の1号機ヘッド状態のバランスと、外装の細いスリット越しの見た目との整合性がわりと微妙なところですが、まぁこんなもんですかねぇ。

やっぱり「目」が入ると凄味が増します。
20180819_Ingram2_3.jpg

その他、ベース周りもなんとなく処理したので、何度目かの捨てサフをまた。
20180819_Ingram2_4.jpg

そして仮組み〜。
20180819_Ingram2_5.jpg
ご覧の通り、右側のアンテナもやっと付きました。
不思議なもので、細いアンテナが付くだけでぐっと雰囲気が変わるんですよね。一気に「イングラム感」が増した気がしていますが自分だけでしょうか。
襟のアンテナも写ってますが真鍮材で同様に作りましたので、パーツとしてはほぼ揃ってきましたかね。

ウサ耳部は一応軸打って仮組みしてあったんですが、改めて組んだら特に前方のカバーパーツがどうにも収まりが悪く、干渉部分をあちこち削って調整してどうにか収まった感。ただ、まだちゃんと検証してないんで1号機と並べた時にどう見えるかちょっと心配です。

今回、ヘッドの余計なとこに重ね吹きしたくなかったんで、久々にエアブラシで瓶サフを吹いたんですが、0.3mmのエアブラシでこのサイズのキットにサフ吹くもんじゃありませんね(笑)。効率が悪すぎてへとへとです。
よく、一度で色を付けようと思わないで何度も重ねて…、などと教科書には書いてありますが、そんなペースで吹いてたらいつまで経っても終わりゃしません。最大出力で至近距離からこれでもかと吹いてやりました。
サフ用にノズル太めのエアブラシをもう一つ買いたいところです。

あとは、忘れてたわけではないんですが額のセンサー部の内部メカが手つかずなのでパーツすり合わせないとないのと、上の画像でもサフ吹き直してない胸部ペリスコープ部のとある手直しが必要です。
まだまだやることありますが、ここまでカタチになるとまたやる気も出てくるというものです。
毎度ながら「完璧を目指すよりまず終わらせろ」と唱えながら…。

8月中の完成を目指したいところですけど、まぁ無理だろなー(笑)。9月には…。
ではまた次回。
nice!(3)  コメント(2) 

イングラム2号機-15.5:ちまちまと [彩工家 イングラム2号機]

更新頻度は相変わらずですが、やってますよ。

中途半端に処理されてるベース周りのパーツ、気泡のパテ埋めが足りてないとことかパーティングラインのヤスリがけが足りてないとことか、そんなんばっかりです…。

先日強引に複製したパーツ、なんとなく整えまして。
20180812_Ingram2.jpg
真鍮材で防弾ガラスのヒンジ部を作成。
パテ複製の精度は細かく見ればアラがありますけど、目立たない場所だし全然おっけーじゃないですかね。
と同時にこの画像だと、無理矢理一体成形に変更したアクチュエーターの基部周りがまだ全然処理できてないのが丸分かりですが…。

並行して零式ヘッドのほうも検証を進めておりますがなんとも…。

てことで微進捗報告でした。
ではまた次回。
nice!(2)  コメント(0) 

イングラム2号機-15:再開 [彩工家 イングラム2号機]

WFも終わりましたんで。
自分好みに改修しながらだらだらと作ってる彩工家さんイングラム2号機ヘッド、再開です。

ヘッド本体はあとひたすら磨くだけ…のハズですので、他のパーツの現状確認。
20180805_Ingram2_1.jpg
なんか傷や気泡にパテを盛ったままヤスリもせずに捨てサフ吹いてあったりしてめちゃくちゃですが、進捗としてはそれなりに手は付いてる模様。
ちまちまと整えていきましょう。

が、その前に。

突然の型取り。
20180805_Ingram2_2.jpg
コックピット部分、防弾ガラスの根本につくこのパーツですが、なぜか「1個足りない」んですよ。
シリーズ共通のパーツですが、この2号機につくものと、あと3号機の分で同じのが2つあるはずなのに、1つしかありません…。
恐らくどっかのタイミングで不要なゲートと間違えて一緒に捨ててしまったのではないかと…。
ゲートが並みのキットのパーツよりでかいですからねこのキット。

結構前から気付いてはいまして、どうしたもんかなと思ってたのです。
手間はかかりそうですがプラ板から作れないこともない形状とはいえ、やっぱり面倒くさい。何かのついでに複製してやるしかないかなと。
で、去年の夏から放置している使いかけのシリコンとレジンがありまして…さすがに処分しないとなので、劣化テストを兼ねて使ってみることにした次第です。

案の定、シリコンは硬化剤を入れる前から半分固まってるような状態でしたが強引に撹拌して流し込んでやりましたところ、気泡だらけながらそれなりに型はとれました。
20180805_Ingram2_3.jpg
とはいえマトモに使おうと思ったら無理ですね。

なのでレジンの方は諦めてポリパテを充填。
20180805_Ingram2_4.jpg
このあと処分のため未使用レジンもえいやとAB混合してやったら意外と普通に固まりましたが、めちゃくちゃ発泡したので使わなくて正解かな。

で、出来上がりー。暑いのでパテもすぐ固まって便利です。
20180805_Ingram2_5.jpg
一部パテが回りきってないとこもあるものの、型の気泡までキレイに複製できてますので、ちょちょっと手直しで使えそうです。
見た目は悪いですがまぁ、一つあればいいのでこれで。

とまぁそんな感じで、ちょっとやる気が出ていますよ。
なんでかと言えば、はやく零式にとりかかりたいから(笑)。
20180805_Zero_1.jpg
零式、とりあえず離型剤落としからざっくりゲート処理まではして、仮組みしながらアレコレ思案しておりますがまたちょこちょこ手を加えることになりそう…。
てことで、本格的な工作に入る前にまずは2号機にケリつけないと、と。

テンション上がってるうちにどこまでいけるかな(いや完成させろよ)。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 

ワンフェス2018夏・パトレイバー系レポ [雑記]

恒例の、まったく参考にならない偏ったWF2018sレポです。

毎度お馴染み「道楽模型堂」さんの新作、1/35サムソン。
20180801_WF2018s_1.jpg
告知が結構差し迫ってからだった気がしますが、それだけに発表されたのには驚きましたね。まさかそこ来たか、という感じですが、ヘルダイバーと並べる相方としては確かにってチョイス。

1/35だと相当なサイズで、現物を見てちょっとたじろぐレベルです。
20180801_WF2018s_2.jpg
欲しいけど絶対持て余すな…でもなー…と結構迷ってたものの、いざ実際にその存在感を目の当たりにしてさすがに怖じ気づきました。今回はぐっとガマン…。

前回1/144ヘルダイバーを出展されてた「パテ盛り蕎麦」さん。
新作はまさかの1/144ぴっけるくん。パト的には決してマイナーな機体でもありませんが、とはいえヘルダイバーの次にソコ行きますかー、って感じが通好みですね。
20180801_WF2018s_3.jpg
立ち寄った時には完売でした。


そしてこれも毎度の「MEF/team STRIKE」。
前はうっかり見逃した1/64レイバーキャリアを確認。
20180801_WF2018s_4.jpg
元が元だけに、大スケールってほどではないのに大ボリューム。
造形的には見応え十分な出来ではありますが、この値段ならもっとクリアパーツとか欲しいかな〜。
以前は展示ポーズがひどいことになっていたイングラムのほうは、今回はマトモに立ってました。
ただ総じて、そりゃ仕方ない部分もあるでしょうが、お値段が見合ってるかというとキビシイ気が個人的には致しますね。


そして…!!

びかー。
20180801_WF2018s_5.jpg
パトレイバー30周年記念とのことで再販されてました「彩工家」さん1/8零式ヘッドモデル!

機会があれば欲しいなー…とはずっと思ってたものの、たま〜にネットオークションに出物があってもなかなかご縁なく。これは買わねばでしょ、と今回唯一本気で狙ってたもの。無事購入できました。
20180801_WF2018s_6.jpg
1/8ならではの迫力。いいですね〜。

で、イングラム2号機は?3号機は??
また積み増やしてどーすんの!?

がんばります…。

ではまた次回。
nice!(2)  コメント(4) 

カヅキ先輩2-2:原型展示まで [1/8 仁科カヅキ(TSver.)]

密かに進めてたことを告白(→LINK)して以来また長らく沈黙しておりましたが。

フィギュア原型チャレンジ第2弾、「キンプラ」こと「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」劇中衣装ver.の仁科カヅキ先輩1/8フィギュア。
細かいディティールに難儀しながら進めておりました。

もうね、これエポパテで造形しようってのが間違ってんじゃないの?っていう。

折れた。
20180731_KadukiTS_1.jpg

また折れた。
20180731_KadukiTS_2.jpg

このブーツは設定画の3面図があっちもこっちも辻褄合ってなくて、出渕メカもびっくりの二次元の嘘まみれ。
20180731_KadukiTS_3.jpg
とはいえ劇中では3DCGが起こされてるんで、それを参考にすれば立体化も楽勝じゃね?と思いきや、その3Dモデルがまた良く出来てまして…。辻褄の合わない二次元の嘘を、「辻褄が合わないまま」3D化するという信じられないワザを見せてて全く参考にならない始末。

そしてまた折れた…。
20180731_KadukiTS_4.jpg

とまぁ、想定以上に時間がかかってしまって、毎度毎度我ながら呆れますが時間切れです。

今回は原型展示申請なので、もうとりあえずサフ吹いてしまえばそれっぽく見えるんじゃね?ってことで「完璧を目指すよりまず終わらせろ」精神で割り切りまして。
20180731_KadukiTS_5.jpg

ちょっとずつサフ色になってきた。
20180731_KadukiTS_6.jpg
表面処理はおろか、形状の煮詰めも中途半端ですが、写真だと結構マシに見えるもんです。

で…また!折れ!た!
20180731_KadukiTS_7.jpg
とかとか。

流行りというかアマチュアレベルでもすっかり普及しつつある、3D出力によるデジタル原型ならこんな苦労はないんだろうなー…ということをひたすら痛感しながらの作業でどうにかこうにか人前に出せなくもないレベルにまでこぎ着けました。
20180731_KadukiTS_8.jpg

そして迎えた、ワンダーフェスティバル2018夏。
20180731_KadukiTS_9.jpg
しつこく再出展の前作と並べて。

いろいろお恥ずかしい限りですが、見つけて喜んで写真撮って下さる方が何人かいらっしゃっただけでも嬉しいものです。
ただワンフェス出展については自分の力不足を中心にいろいろと向き合い方を改めて考え直さざるを得ない感じでしたね〜…。

とりあえずまだ原型(しかも未完成)段階なので、完成にまで持って行きたいというのはありつつ、どういう形でそれを表に出せるかは考えどころです。
ともかくひとまずは区切りがついた(?)ということで、残されてる他の宿題にも手を着けないと。
公約通りまずはイングラムヘッドから…。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 

KATO 521系(2次車)あいの風とやま鉄道仕様 [北陸本線の模型]

JR仕様(→コレ)が発売になった時点で、そのうち出るだろうと思ってたら案の定発表されたので即予約してたでんしゃが届きました。

KATO 10-1437 あいの風とやま鉄道521系2両セットです。
20180701_kato521ai_1.jpg
北陸新幹線開通に伴って3セク化されたあいの風ver.ということで、正確には「北陸本線」じゃありませんから記事カテゴリ違いなんですが(笑)。
以前書いた通り一昨年の富山撮り鉄旅行で乗ったぐらいであんまり馴染みはありませんが、とやまのでんしゃと来たらまぁ押さえておかねばと。
毎度ながら、詳しいレビューはそういうサイトをご覧下さい(笑)。

両サイドでカラーリングが違うのが特徴。海と山、富山っぽいですねぇ。
20180701_kato521ai_2.jpg

JR仕様と並べてみたり。
20180701_kato521ai_3.jpg
オリジナルのカラーリングもスタイリッシュでカッコ良いですが、あいの風仕様の方が爽やかでオシャレな気がします。贔屓目でしょうか。

元々の素性がとってもよいモデルなので、カラバリも当然ながら安定のクオリティですよ。
ちゃんとバリ展発売してくれて嬉しいです。
が。

付属の行き先表示パーツに不満!!
20180701_kato521ai_4.jpg
「金沢」と「泊」。
なんで!「富山」が!ないの!

JR仕様の付属パーツは「金沢」「福井」「敦賀」でした。
「富山」は、既に発表されてますが今後発売となるIRいしかわ鉄道仕様に付属するみたいですよ。まったくあくど…商売上手ですわ…。
分売パーツで行き先表示だけ入手したいけど争奪戦の予感しますね〜。

と、今日はでんしゃ記事でした。
久々に届いたおもちゃを即日開封しましたが、走らせて遊ぶのはしばらくお預けかな。でんしゃ系では鉄コレ419系も積みっぱなしなんで早く弄りたいんですが…それもWF終わるまでガマン…!!

ではまた次回。
nice!(2)  コメント(0) 

カヅキ先輩2-1:本申請まで [1/8 仁科カヅキ(TSver.)]

さすがに3ヶ月以上の放置はよろしくないですねぇ…。
ということで生存報告的な感じですが。

実はイングラムをほったらかしにして、密かにフィギュア原型チャレンジPart2、を進めておりました。
前回と同じキャラですが、今回はこちらの記事 →LINK でいろいろ書き連ねました劇場版第2作に登場する劇中衣装のバージョン。
これでまたワンフェスに挑もうというワケです。

ただ、自分がいかに手が遅くて間に合わせられないか、大した技量のあるわけでもない個人ディーラーのしかもWFでは売れ線ではないキャラのキットがいかに売れないか、ということを前作で痛感しましたので、今回は控えめに展示のみ…という作戦で始めていました。
案の定、昨夏のWF直後には着手していたにも関わらず、今夏のWFまであとひと月だというのに今現在全くもって完成まで持ち込める気がしておりません。

とりあえず先月上旬の版権許諾本申請時点までの経過がこちらです。
20180627_KadukiTS_1.jpg
1/8仁科カヅキ(THUNDER STORM ver.)!! (「King of Prism -Pride the Hero-」より)

何度も言ってるとおり、新作では何か新しいことを…というのをいつもテーマにはしてますが、今回は新要素というよりはもろもろのレベルアップな感じに。
前作より遥かにフクザツな造形でパーツ点数も格段に多く…。
同じキャラなので頭部ヘッドを暫定的に前作の余剰部品で代用していますが、こちらも髪型やら表情は細かく変更しなくてはならないのでそのままというわけにはいきません。

ありがたいことに許諾が下りましたので、本申請用にでっちあげたパテの塊みたいなものをパーツとして成立させていかないとなんですがなかなかこれが…って感じでひーひー言っております。
展示のみ、と割り切っておいて大正解。これを完成させて複製してキット化とか、自分の場合は一体何年かかるんだって話ですよ。

いやほんと、WFの度に新作キット出されてるディーラーさんマジすげーわ…ってなります。
そして、フィギュアのフルスクラッチは楽しいんですけど、買ったキットを作る時間が全くなくなってしまうという致命的な問題に、薄々気づいていましたがさすがに目を向けねば。
ほったらかしの2号機ヘッドも気になりつつ、組めてないパト系キットあれこれもさすがに手を着けたく…WF終わったらそっちやります!

ではまた次回…。
nice!(1)  コメント(2) 

イングラム2号機-14:さらにこまごまと [彩工家 イングラム2号機]

イングラム2号機ヘッドモデルのキット。
細かすぎて選手権(笑)の続きです…。

右頬の内側にパテを盛りました。
20180304_ingram2_1.jpg
でその分、外側を削ったワケです。
どうも左右対称になってない気がしたのと、襟パーツとの干渉がちょっと気になりましたので。

続いてはこちら。
左耳の○部分の外周部にテーパーをかけました。
20180304_ingram2_2.jpg
左after・右beforeです。
大工事になるからやりません、って何回か言った気がしますが、勢いで削りました。
手作業なので均一に削るのは難しく、若干バランス狂ってる感じもあるのですがまぁ。

で、そろそろ塗ってもいいのでは…と思いながら、例によってじっくり眺めつつ長考タイム。
なんか面の左右バランスの悪いところがあるぞ…?てことでまた削りました。
20180304_ingram2_3.jpg
ただ、穴開きディティールの高さがそもそも左右で微妙に揃ってません。コレの移植まではやりたくないのでほどほどで手を打ちます。

もうこれでええやろ!とサフ吹き〜。
20180304_ingram2_4.jpg
垂れる寸前どころか、なんならあちこちダレるぐらいにまでぶわっと吹きます。
どうせ傷だらけなので。

案の定、あちこちヤスリ傷があらわになりましたが、あとはチマチマと磨いていけばもう…。って言ってそれで済んだためしがないんですよね〜…。

ではまた次回。
nice!(4)  コメント(7) 

変わりダネ:仏教寺院の廃墟 [雑記]

ちょっと更新がんばろ、って言ってどうせまた続きませんけど。
小ネタで先日届いた変わり種のキットをご紹介します。

仏教寺院の廃墟。
20180226_BuddaRuin1.jpg
オランダ?かどこかのメーカー"REALITY IN SCALE"のキット。なんともマニアックな逸品です。去年の秋頃にTwitterで見かけて、ちょうど再販の予約タイミングだったのでポチッとしてしまったのでした。

箱を開けると、どーん!
20180226_BuddaRuin2.jpg
キット、と言いましたがほぼ完成品です(^^;

レジンキャストの本体と付属品だけ。
20180226_BuddaRuin3.jpg

付属してるのはヤシの若木セット。
20180226_BuddaRuin4.jpg
こういう植物系のキットって触れたことないので、どんな感じかちょっと興味ありますね。

で、なんでこんなものをと言えばまぁ、いつもこのブログ見て頂いてるような方にはご説明不要でしょうけど。見るからにアレを思い起こさせますよね、っていうかそういう触れ込みで情報が回ってきたからこそポチってしまったんですが。
そう、言うまでも無く"Patlabor2 the Movie"冒頭の「東南アジア某国」っぽさを演出するのにうってつけのアイテムなワケです。

てことで並べてみました。
20180226_BuddaRuin5.jpg
いつかちゃんと塗る、って思ってパチ組みのまま長年放置してるコトブキヤさんの1/72ハンニバルと。

まぁ厳密にはサイズ感とか位置関係とかこうではないんでしょうけど、並べて楽しいのは確か。
こういう、アレとコレ並べたらいい感じだよね!系のものに弱くてですね、って話は前にもちらっとした気がしますが、この性癖は危険です。一個おもちゃを買うとどんどん仲間を呼ぶので…。

そしてこのシーンを模型で、となれば当然欲しくなるのがラーダーですが、今となってはかなりレアなボークスの1/72キットも実は持ってたり。
20180226_BuddaRuin6.jpg
友人のお兄さんの秘蔵品をありがたくも譲っていただいたもの。
併せて譲り受けた当時モノのレアキットが他にもアレコレあるのでそのうち自慢したいところですが、キット紹介とか始めるとそれだけで満足して何も作らなくなりそうなので自粛しています(^^;

話を戻して。
例によっていつ手を着けられるか分かりゃしないんですが、仮にも仏教系アイテムというかまさに仏様ですので、いい加減なことは出来ませんよね。とか考えるとますますおいそれと手を着けられなくなってしまう気がしますが…果たして。

ではまた次回。
nice!(3)  コメント(6) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。