So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

イングラム2号機-21:再擦り合わせなど [彩工家 イングラム2号機]

前回まさかの事態に陥って茫然としましたが、止まってられませんからね。
問題の後頭部と襟後部との干渉部分の調整、がりがりと行きます。

まずは冷静に検証から。
襟パーツを上部から見たところですが、見事に背面側が内に反ってるのがお分かりでしょうか。
201801124_Ingram2_1.jpg
これがまず一因…。

横から見た図。
201801124_Ingram2_2.jpg
盛大に反ってますねぇ…。

この襟パーツ、コの字の開き加減が歪んでちゃんと組めない状態になってたのを炙って強引に修正しています。その過程でこんな反りが発生してしまったのか、はたまたそもそものパーツがこう歪んでいたのか。
今となっては分かりませんが、一旦塗装までしたパーツを再度炙るのはさすがに怖いので削るしかありません。どのみち襟の内側は組んだら見えないので、面のクオリティにそこまで気を遣わず削れるのがせめてもの救いです。

後頭部と併せてゴリゴリとやっていきます。。
201801124_Ingram2_3.jpg
後頭部、実は塗装に入ったら微妙な面のうねりが見えてしまってちょっと気になってたんですよねぇ…。と負け惜しみ。
襟パーツのほうも、なんかアンバランスな気がしてた外側もついでに修正しました。

また仮組みを繰り返しつつさらに削って、最終的にはこのぐらいに。
201801124_Ingram2_4.jpg
襟パーツの組み付け部分もちょっと調整した結果、ほっとんど分かんないですが、ちょびっとだけスキマがあきました。
ただこれも、セッティングのさじ加減次第では変わらず接触してしまう微妙なラインで。
ギリギリかつアバウトすぎて完璧とは言えないのですが組み立てには支障がなさそうなのと、これ以上後頭部を削るとブチ穴に影響しかねないのでこの辺でやめておきます。

再度のサフ吹き。
こういう部分的な修正のときはやっぱり、エアブラシで瓶サフを吹くメリットを感じますね。
201801124_Ingram2_5.jpg
もうちょっと白塗装部分にも影響が出てしまうかと思ってたんですが、ほとんど余計なところには飛沫が飛ぶことなく最小限で済んでる模様。


で。
こんな今更過ぎるやり直しだけではテンション下がりますので、OKなパーツを並行して進めます。
ウサ耳に唯一のマーキングデカールを貼付。
201801124_Ingram2_6.jpg
手作りデカールなのと経年とでちょっと難儀して1枚ダメにしましたが予備があったので事なきを得ました。
やっぱデカールが入るとクオリティが数段上がったような気になりますね。満足。
ちなみに耳先が未塗装なのは、クリアコートまで終わらせてからつや消しで塗る予定だからです。


そして前回作った型紙を使って、首回りのカバーも。
1号機の時に買った帆布が9割がた余ってますので…。同様にエッジに真鍮線を巻き込みながら折り返してカタチを作り、それ以外はなんとなくふわっとさせておくだけ。
201801124_Ingram2_7.jpg
けっこう雑な作りですが、これもほとんど見えなくなるんで細かいところは気にしない。

仮にヘッドを乗せてみるとこんな雰囲気です。
201801124_Ingram2_8.jpg
デカールもそうですが、布という異素材が合わさることでまた情報量が上がって楽しい。
このあとはヘッドと襟の白を塗り直しつつ、塗装済みパーツはクリア吹きに入っちゃおうかな。


前回、比較用で1号機を出してきてすごく良かったことが一つありまして。
超頑張ってめっちゃキレイに仕上がった!!と思っていた1号機が、改めてよく見たら意外とそうでもなかった、という事実に気付くという(笑)。思い出補正かな。
ま、1号機の時も最後はひたすら「完璧を目指すよりまず終わらせろ」と唱えてた気がしますので当然なんですが、2号機のクオリティをどこで決着させるかに関してだいぶ現実的なラインが見えて気が楽になりました。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イングラム2号機-20:フラグ発動の巻 [彩工家 イングラム2号機]

そんなこんなで、塗装の仕上げに四苦八苦しつつ進めておりますイングラム2号機ヘッド。
塗面の調整はやはり、しっかりと乾燥させることが大事ですよねぇ…なんてことを乾ききってない塗面にヤスリかけてべろっと剥がしちゃったりしながら痛感したりなんかしております今日この頃。

てなわけで、作業ペースを上げたくても上げられないステータスですが、なんか進められることは…と思ったら、そういえば襟周りのカバー部分が未着手でした。
同シリーズ後発の1号機キットでは「東急ハンズでこのメーカーのラバーシート買ってこい」という指示のみのスパルタ仕様だったところ、この2号機キットはちゃんと寸法にカットされたラバー素材が同梱されてます。
ただ、前作1号機では質感重視で別途布素材を用意したので、今回も同様に仕立て上げる予定。
かつ用意されてるラバー素材が見えるとこだけ、のカッティングになってますので、設定上は首回りぐるっと囲う感じだよね、ってことで型紙を新規作成。
201801120_Ingram2_1.jpg
現物合わせで切ったり伸ばしたり。

なんとなくこんな感じかな〜、と。
201801120_Ingram2_2.jpg
あとはいちおうヘッド本体との干渉を確認して…。

と、その時!!!

201801120_Ingram2_3.jpg
おや?

201801120_Ingram2_4.jpg
おやおやおや????

なんということでしょう!!
後頭部と襟パーツ後部が見事に干渉して、ちゃんと組み上がらないではありませんか!
これには匠も驚きを隠せません!

さんっざん何度も何度も仮組みを繰り返して擦り合わせたのにどういうことですか。

1号機を引っ張り出してきて比べてみます。
201801120_Ingram2_5.jpg
が、襟周りの組み立てには違いがありません。
てことは、首関節部分の調整がイマイチだったということです。
前にも書きましたがもともとこのキット、首の角度調整が結構シビアな割にパーツ構成的にはだいぶファジーでして。
重量のあるパーツをしっかり支えるために、首関節は真鍮線で軸打ちしてガッチリと組めるようにしてあるんですが、とはいえ仮組み段階では微妙な遊びによってうまいこと調整が効いていたところ、塗装も終わってガッツリ接着してしまったことで余裕がなくなり、誤魔化しが効かなくなってしまったようです…。
先日の仮組み時は塗装ムラのチェックが目的でふわっと組んだのみだったので気付きませんでした。

はぁ…。

強引に組み立てられないこともないんですが、後頭部と襟の内側はちょっと削る必要がありそうです。
ここまで塗装したところで、この痛恨の大失態。見事にフラグ回収です。

呆然としつつ一気にテンション下がりかけますが、せっかく出してきたので1号機とのツーショットで雰囲気確認。
201801120_Ingram2_6.jpg
ウンウン!悪くないんじゃないですかね!(泣

さ〜て、削りますか…。
ではまた次回。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イングラム2号機-19:さらに塗装中… [彩工家 イングラム2号機]

201801111_Ingram2_2.jpg
はい。

というわけで変わり映えのしない写真を上げてみますが…。

なかなか発色しないどころか、思わぬトラブルにも見舞われて進みません。
この土日も数日前の予報に反して快晴の塗装日和だったのでだいぶがんばったんですけどね。

前回書いた、思いっきり梨地な有様がこちらです。
201801118_Ingram2_2.jpg
いくら塗装ヘタだからってここまで酷いことになったの初めてですよ。

なにが原因だろ〜…って考えてたんですが、隠蔽力優先で濃いめの塗料をじっくり吹いてると、パーツがでかいために狙った部分の周囲に溶剤が揮発して粉末状になったミストが飛び散るようで、エアの流れによってはそれががっつり滞留してしまい、そこにそのまま重ねて吹いてしまうとこうなる模様…。
1号機の時もなかなか発色しなくて苦労はしたけど、こんなことはなかったのにな…と思いましたが、よく考えたら1号機はわりとパーツばらばらだったので、このサイズの巨大パーツは無かったんでした。
やっぱ大スケールのキットに0.3mmのエアブラシはきついわ〜(下手なだけ。

ざりざりになった面を研いで、研ぎすぎて下地出ちゃったりして、また重ねて吹いて…。

当然のようにパーツごとに色むらが出ますので、やっぱり仮組みしてみる必要が。
てことで、うっかり手が滑らないよう慎重に組み上げてみた図。
201801118_Ingram2_3.jpg
う〜ん!テンション上がりますね!
こうしてみるとやっぱり、細かい傷とかは全然気になりませんな!!…と自分に言い聞かせつつ。

…で、案の定いくつかパーツ落っことして塗装剥げたりしましたけど何か。

改めて見ると1号機はかなり頑張って磨き上げてたようで、並べて遜色ないレベルまで持っていけるかどうかちょっと不安ですが、ぶわっとクリア吹けばいろいろ誤魔化せるハズ、と信じて進みます。
今月中には完成したいですね!

と、またフラグを立てて次回に続きます。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イングラム2号機-18:引き続き塗装中〜 [彩工家 イングラム2号機]

今日も絶好の塗装日和でした。

ベース部分は昨日までの作業でとりあえず塗り分けが完了したので、早速組み立てまで終わっています。
201801111_Ingram2_1.jpg
グレー部分の色、ニュートラルグレーじゃなかったのでMr.カラー305番を吹いてみたらコレも違う…ということで307番が正解でした。もうちょっと明るいグレーでもいい気もしますが、この絶妙に青みがかった色味がいかにもセル画アニメのメカ色っぽいなと個人的に思ってる次第。
せっかくの暗色から立ち上げなのでうまいことグラデっぽくすればいいんですけどまぁうまいこといくわけもなくベタ塗りです(笑)。
黒く塗ってアラが分からなくなったと思ったら、明るいグレーで仕上げのいい加減なところが白日の下に晒されますがどうせ見ないトコ…。
あんまり単調でもなんなので、後部左右につく謎の多角形パーツだけ黒鉄色にしてます。

さすがに見逃せないアラを慌てて修正したりしてるヘッド本体も塗装開始です。
201801111_Ingram2_2.jpg
毎度ながら、グレーサフからの白一色はなかなか発色しませんねぇ…。これでもかと吹きつけてやりますが、思い切り梨地になってしまったり。一度中研ぎを入れてからもう2回ぐらいは吹かないとダメかな。
でも全体に白くはなったので、一気にイングラム感出てきましたね。
よせばいいのに嬉しくなって仮組みしてる間に手が滑ったりするのもよくあることなので、じっとガマンです。

後回しになりがちな細かいパーツなんかも今回は並行で塗り進めてますから、作業進捗としてはいい感じですよ。
あと出来てないのは、胸部ペリスコープ部のフレーム部分ぐらい。1号機同様にプラ板で自作予定ですが、さすがに塗膜の厚みを考慮しないとハマらなくなりそうなので塗り終わってから現物合わせにします。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イングラム2号機-17:細部の詰め、そして塗装開始!! [彩工家 イングラム2号機]

はい!お久しぶりです(笑)。

生きてますよ。

WF夏終了後、ちょっとやる気出してましたが、この秋は休日出勤が多かったり、もけい以外の趣味で土日のお出かけが多かったり、週末に限って天気が悪くてやる気なかったり…とまぁ色々とありまして滞っておりましたが、ここ2週間ほど異常なほどにもけいモチベが上がっておりまして。

とはいえ、9月には…とか言っておきながらもう11月なのはいつものことです。

と、いうわけで。
もうほぼ仕上がってきてはいたものの…みたいなところでしたがラストスパートにかかります。

左耳の「2」のエンブレム?部分。
201801108_Ingram2_1.jpg
エッジが立ってるところはちょっと自分のイメージとは違いますので、1号機同様に緩くRをつけてやりました。


センターに仮の軸を打ってリューターに噛ませてごりごりペーパーを当てるという強引な方法ですが、うまいこといったかな。
201801108_Ingram2_2.jpg

メインカメラ周り。
「中の人」である1号機のバイザーを、予備パーツを現物合わせでどうにかこうにか仕込んでみます。
201801108_Ingram2_3.jpg

結構アバウトではありつつ、かつ元々の設定上の無理があるんでバランスの悪さもありますが、2号機特有の二重バイザーがそれっぽく表現できたのではないですかね。
201801108_Ingram2_4.jpg
塗装したら全然見えなくなる気もしますが…。

で、最終仕上げのつもりでサフ吹き。
201801108_Ingram2_5.jpg
これがまた、今更のようにあちこち変なところに傷が…みたいないつものやつ。
ただもうこれ突き詰めてくと終わらないので、ある程度は割り切っていきます。
目立たないところは気にしない!!
完璧を目指すよりまず終わらせろ!!!


そして!!
ついに塗り始めましたよ。
201801108_Ingram2_6.jpg
ほぼ白・灰・黒、のモノトーンっぷりなので難しいことは何もないんですが、ベースが一番マスキングが面倒くさいんですよね…。
塗り分けは別に指定があるわけじゃないですが、1号機に合わせて自分なりに。

で、1号機の時もそうだったんですけど、名前に騙されてニュートラルグレーを吹いたら思いのほか濃くて、あれれ…っていう同じ過ちを繰り返します。
201801108_Ingram2_7.jpg
結果、前回同様濃いめグレーをベースに明るめグレーを塗り重ねる感じになるので1号機とも統一感が出そうかな。


…ということで、今度という今度は完成が見えてきました。
こうなるとますますやる気も増してくるものでしてね。

ようやく、ようやくですが、もうじき完成しそうですよ。
ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タカラトミー 信号機ガチャ第2弾 [雑記]

以前第1弾をご紹介しました、「日本信号 ミニチュア灯器コレクション」、第2弾として「続・ミニチュア灯器コレクション」が発売になってますね。
20180821_SignalGacha.jpg

楽しみにしてたクセに出遅れたので、とりあえず通販でセット売りを確保しました。
ポリシーとしてちゃんと店頭でもガチャりたいですがまだ間に合うかな?

わりとオーソドックスだった第1弾に比べ、続編ということでひねりの効いたラインナップになってます。
雪国出身者にはアツい縦型がまず目を引きます。そして出戻り鉄としては鉄道用信号もまたアツい。さらにはこの歩行者用信号、青の点滅仕様!!これまたアツい!!
近代的な黒仕様もカッコイイし、なかなか見かけない縞々警戒パターン仕様もいいですねぇ…。

これはいいものですよ…。

と、カンタンにオモチャネタでした。
ではまた次回。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イングラム2号機-16:各部パーツとか進捗 [彩工家 イングラム2号機]

もけいモチベが高いんだか低いんだか。
そんな今日この頃です。

細かい各部パーツを順番に片付けています。
カメラアイとか。
20180819_Ingram2_1.jpg
シリーズの1号機や3号機とは根本的に造形が異なっていますが、2号機ヘッドは何かと特殊なんでこれもまた味ですかね。
インストではラッパ状の市販バーニアパーツを使うよう指示がありましたが、好み的に1号機でも使ったフラットな丸バーニアをあしらいました。再三書いてる通り、このメインカメラ部に関しては画稿によって形状が千差万別なので、なんでもありですわ。

で、「中の人」状態だとこんな感じ。
20180819_Ingram2_2.jpg
中の1号機ヘッド状態のバランスと、外装の細いスリット越しの見た目との整合性がわりと微妙なところですが、まぁこんなもんですかねぇ。

やっぱり「目」が入ると凄味が増します。
20180819_Ingram2_3.jpg

その他、ベース周りもなんとなく処理したので、何度目かの捨てサフをまた。
20180819_Ingram2_4.jpg

そして仮組み〜。
20180819_Ingram2_5.jpg
ご覧の通り、右側のアンテナもやっと付きました。
不思議なもので、細いアンテナが付くだけでぐっと雰囲気が変わるんですよね。一気に「イングラム感」が増した気がしていますが自分だけでしょうか。
襟のアンテナも写ってますが真鍮材で同様に作りましたので、パーツとしてはほぼ揃ってきましたかね。

ウサ耳部は一応軸打って仮組みしてあったんですが、改めて組んだら特に前方のカバーパーツがどうにも収まりが悪く、干渉部分をあちこち削って調整してどうにか収まった感。ただ、まだちゃんと検証してないんで1号機と並べた時にどう見えるかちょっと心配です。

今回、ヘッドの余計なとこに重ね吹きしたくなかったんで、久々にエアブラシで瓶サフを吹いたんですが、0.3mmのエアブラシでこのサイズのキットにサフ吹くもんじゃありませんね(笑)。効率が悪すぎてへとへとです。
よく、一度で色を付けようと思わないで何度も重ねて…、などと教科書には書いてありますが、そんなペースで吹いてたらいつまで経っても終わりゃしません。最大出力で至近距離からこれでもかと吹いてやりました。
サフ用にノズル太めのエアブラシをもう一つ買いたいところです。

あとは、忘れてたわけではないんですが額のセンサー部の内部メカが手つかずなのでパーツすり合わせないとないのと、上の画像でもサフ吹き直してない胸部ペリスコープ部のとある手直しが必要です。
まだまだやることありますが、ここまでカタチになるとまたやる気も出てくるというものです。
毎度ながら「完璧を目指すよりまず終わらせろ」と唱えながら…。

8月中の完成を目指したいところですけど、まぁ無理だろなー(笑)。9月には…。
ではまた次回。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イングラム2号機-15.5:ちまちまと [彩工家 イングラム2号機]

更新頻度は相変わらずですが、やってますよ。

中途半端に処理されてるベース周りのパーツ、気泡のパテ埋めが足りてないとことかパーティングラインのヤスリがけが足りてないとことか、そんなんばっかりです…。

先日強引に複製したパーツ、なんとなく整えまして。
20180812_Ingram2.jpg
真鍮材で防弾ガラスのヒンジ部を作成。
パテ複製の精度は細かく見ればアラがありますけど、目立たない場所だし全然おっけーじゃないですかね。
と同時にこの画像だと、無理矢理一体成形に変更したアクチュエーターの基部周りがまだ全然処理できてないのが丸分かりですが…。

並行して零式ヘッドのほうも検証を進めておりますがなんとも…。

てことで微進捗報告でした。
ではまた次回。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イングラム2号機-15:再開 [彩工家 イングラム2号機]

WFも終わりましたんで。
自分好みに改修しながらだらだらと作ってる彩工家さんイングラム2号機ヘッド、再開です。

ヘッド本体はあとひたすら磨くだけ…のハズですので、他のパーツの現状確認。
20180805_Ingram2_1.jpg
なんか傷や気泡にパテを盛ったままヤスリもせずに捨てサフ吹いてあったりしてめちゃくちゃですが、進捗としてはそれなりに手は付いてる模様。
ちまちまと整えていきましょう。

が、その前に。

突然の型取り。
20180805_Ingram2_2.jpg
コックピット部分、防弾ガラスの根本につくこのパーツですが、なぜか「1個足りない」んですよ。
シリーズ共通のパーツですが、この2号機につくものと、あと3号機の分で同じのが2つあるはずなのに、1つしかありません…。
恐らくどっかのタイミングで不要なゲートと間違えて一緒に捨ててしまったのではないかと…。
ゲートが並みのキットのパーツよりでかいですからねこのキット。

結構前から気付いてはいまして、どうしたもんかなと思ってたのです。
手間はかかりそうですがプラ板から作れないこともない形状とはいえ、やっぱり面倒くさい。何かのついでに複製してやるしかないかなと。
で、去年の夏から放置している使いかけのシリコンとレジンがありまして…さすがに処分しないとなので、劣化テストを兼ねて使ってみることにした次第です。

案の定、シリコンは硬化剤を入れる前から半分固まってるような状態でしたが強引に撹拌して流し込んでやりましたところ、気泡だらけながらそれなりに型はとれました。
20180805_Ingram2_3.jpg
とはいえマトモに使おうと思ったら無理ですね。

なのでレジンの方は諦めてポリパテを充填。
20180805_Ingram2_4.jpg
このあと処分のため未使用レジンもえいやとAB混合してやったら意外と普通に固まりましたが、めちゃくちゃ発泡したので使わなくて正解かな。

で、出来上がりー。暑いのでパテもすぐ固まって便利です。
20180805_Ingram2_5.jpg
一部パテが回りきってないとこもあるものの、型の気泡までキレイに複製できてますので、ちょちょっと手直しで使えそうです。
見た目は悪いですがまぁ、一つあればいいのでこれで。

とまぁそんな感じで、ちょっとやる気が出ていますよ。
なんでかと言えば、はやく零式にとりかかりたいから(笑)。
20180805_Zero_1.jpg
零式、とりあえず離型剤落としからざっくりゲート処理まではして、仮組みしながらアレコレ思案しておりますがまたちょこちょこ手を加えることになりそう…。
てことで、本格的な工作に入る前にまずは2号機にケリつけないと、と。

テンション上がってるうちにどこまでいけるかな(いや完成させろよ)。

ではまた次回。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ワンフェス2018夏・パトレイバー系レポ [雑記]

恒例の、まったく参考にならない偏ったWF2018sレポです。

毎度お馴染み「道楽模型堂」さんの新作、1/35サムソン。
20180801_WF2018s_1.jpg
告知が結構差し迫ってからだった気がしますが、それだけに発表されたのには驚きましたね。まさかそこ来たか、という感じですが、ヘルダイバーと並べる相方としては確かにってチョイス。

1/35だと相当なサイズで、現物を見てちょっとたじろぐレベルです。
20180801_WF2018s_2.jpg
欲しいけど絶対持て余すな…でもなー…と結構迷ってたものの、いざ実際にその存在感を目の当たりにしてさすがに怖じ気づきました。今回はぐっとガマン…。

前回1/144ヘルダイバーを出展されてた「パテ盛り蕎麦」さん。
新作はまさかの1/144ぴっけるくん。パト的には決してマイナーな機体でもありませんが、とはいえヘルダイバーの次にソコ行きますかー、って感じが通好みですね。
20180801_WF2018s_3.jpg
立ち寄った時には完売でした。


そしてこれも毎度の「MEF/team STRIKE」。
前はうっかり見逃した1/64レイバーキャリアを確認。
20180801_WF2018s_4.jpg
元が元だけに、大スケールってほどではないのに大ボリューム。
造形的には見応え十分な出来ではありますが、この値段ならもっとクリアパーツとか欲しいかな〜。
以前は展示ポーズがひどいことになっていたイングラムのほうは、今回はマトモに立ってました。
ただ総じて、そりゃ仕方ない部分もあるでしょうが、お値段が見合ってるかというとキビシイ気が個人的には致しますね。


そして…!!

びかー。
20180801_WF2018s_5.jpg
パトレイバー30周年記念とのことで再販されてました「彩工家」さん1/8零式ヘッドモデル!

機会があれば欲しいなー…とはずっと思ってたものの、たま〜にネットオークションに出物があってもなかなかご縁なく。これは買わねばでしょ、と今回唯一本気で狙ってたもの。無事購入できました。
20180801_WF2018s_6.jpg
1/8ならではの迫力。いいですね〜。

で、イングラム2号機は?3号機は??
また積み増やしてどーすんの!?

がんばります…。

ではまた次回。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -